FC2ブログ

星降る山の麓から

ここんところ
大の苦手なはずの夏なのに
おまけに、この猛烈な暑さなのに
私にしては、まぁまぁ無事に、元気に過ごせていて
(出掛けないことが無事の第一条件だけど^ ^;)

ありがたいな~ と思って喜んでいた・・・
その矢先・・・

一昨日あたりから、なんか突然、症状が戻り始めた。
態勢によって、シクシクする下腹部痛
夜中の頻尿、じわっとくる冷たい汗・・・
いつからか慢性化していた諸症状。
そんな諸々が、ずいぶん改善されて喜んでいたところだったのに。。
その再発はやっぱりショック。
症状の辛さと重なって、一昨日の夜は
ご飯の支度をする元気がなく
とーさんにご飯を買ってきてもらった。

そして昨日は、この暑さの中、全身にすごく冷えを感じた。
エアコンの設定温度、一人の時は29度でも肌寒い。(*〇o〇*)

・・・でも、消したら暑くて消せない(><)💦

こんなことは初めてだから、年齢のせいもあるのかな~ と
無理矢理、「齢のせい」に押し付けてみる。
いやいや、もしかしたらこの天候・・・
大きな高気圧の日には、交感神経が圧倒的に働き
病人が続出するというし・・・
ん~・・・ 気圧のせいかも・・・
と、今度は天気のせいにしてみたり。。

それでもいつものクセで、
用事をしながら、仕事をしながら
気がつけば不調の原因をあれこれ探っている。
「ながら時間」を過ごしていた。

でも

いや、待てよ?
結果には、必ず原因と過程があるはず。
突然に症状が戻ったなんて
やっぱりなんかおかしい。

なんでも齢のせいや天気のせいにするのはやめよう。
もっと身近に、もっとシンプルな何かがあるかもしれない。
そして、「ながら」もやめて、ちゃんと考えてみよう!

そう思って、用事の手をとめて
ゆっくり考えてみた。

・・・・・


bu-5.png


・・・・・




そう言えば

一つ気になっていたことがあったんだった。

新しく買ったスパッツのウエストがちょっときつくて
履いた瞬間、ゴムを付け足そうかな と思ったんだった。
エアコンの冷え防止に、スパッツやタイツは欠かせない。
私には必須で、もう随分前から
調子のよくない日は2枚重ねで履いたりもしている。

そのスパッツのウエストがちょっときつかったんだった。

でも、履いて履けないほどじゃなく
一昨日から履いていたんだ。

今度、ゴムを替えよう
今度、付け足そう
トイレに行く度にそう思いながら。


もしかして
これが原因? (´⊙_⊙`)

え、まさか。。。

本当?


そう気づいて
即、ゴムを付け足す。




それから数分・・・
お腹の辺りから、じんわり ほんわか 温もりを感じてきた。

諸々の症状が、大波からさざ波に。ヽ(ё∀ё)ノ

もう、驚きと感謝だった。


こんな、ちょっとしたことで、身体って
好くも悪くもなるんだな。。。

身体を締め付けること、
特にお腹を締め付けてはダメ。
よくわかっていたのに
でもまぁ気になるほどでもないし・・・と
放置した私が迂闊だった。

健康は、その「身体の持ち主」にかかっている。ヽ(;▽;)ノ

今回、若干でもお腹を締め付けたことによって
腸や肝臓、腎臓などの血流が悪くなってしまったんだと思う。
私の場合はとくに、下半身の血流が巡りにくいから。
ふと、紫色になった腸など想像する。^ ^;

新しいスパッツのちょっとした締め付け・・・ 
私は無視できても、身体はずっと辛抱していた。

その結果、一昨日から昨日、
二日かけて全身が冷えていったに違いない。

折角、改善され始めていた身体の諸症状が
またぶり返しを見せたんだろう。


身体はちゃんと知らせてくれていた。
症状に感謝だね。

ゴムの入れ替えなんて、ちょっとした手間だけなのに
つい、あと回し、先送りにしてしまって・・・

でも、そんなことって多くないですか?^ ^;
私はけっこう・・・ (><)


血流の大切さを
信号をちゃんとキャッチすることの重要性を
昨日はあらためて、再々々確認した出来事でした。(;^_^A

それが身体の声を聴くこと・・
大難を小難に過ごす極意かもしれないね。



失敗するたびに、不具合から学ぶ日々。

痛みさん 今日もありがとう。





fukuro4.jpeg



熱帯夜で寝不足やぁ~・・・




関連記事
2018.07.21 / Top↑