FC2ブログ

星降る山の麓から

夏もそろそろ終わりですね~。

朝夕、急に涼しくなって来ました。
てか、うちの辺りは、ちょっともう肌寒いくらい・・
を通り越し、少し火が恋しいほどです^^;


さて、この季節
風邪をひいたり体調を崩す方が増えていますね。

そこで、五臓(肝・心・脾・肺・腎)は
季節にわけて考えられるのを知っていますか?
ヨガや気功などされている方は
ご存知かもしれないですネ。

春は肝、夏は心、土用は脾、秋は肺、冬は腎。

これはその季節に一番影響を受けやすい臓器・・というか
「働き」とか「巡り」を表しています。

漢方の五臓とは、西洋医学で言う、
肝臓、心臓、脾臓、肺、腎臓
というものと、全く同じではなくて
もう少し違った、広い意味があります。

これからの季節で大切な肺は・・

西洋医学でいう肺の主な機能は呼吸ですが
外気の酸素を吸ってガス交換し、二酸化炭素を吐き出す・・
という「機能」だけではなくて
(もちろん、東洋医学でも肺は呼吸と関係しますが)
物質としての気体を交換するだけではなく
「気」を交換する・・という大切な役目があります。

自然界の「清気」を吸い、体内の「濁気」を吐き出す・・・

深呼吸をすると、だんだんリラックスしてきますよね。
これは、副交感神経を整えるのと同時に
自然界から「気」の力を貰っているからなんです。

気持ちが弱くなったときは深呼吸をして
自然界からいい気をたくさん頂きましょう^^



また、肺には宣散粛降(せんさんしゅくこう)といって
水分を身体全体に巡らせる働きもあります。

そして、皮膚、気管なども「肺」に分類されるんですよ。
(ここら辺が東洋医学や漢方の面白いところですよね^^
よくぞこんなことに気づいたというか
わかったものだと心底驚きです。)

「肺」が弱くなると・・・
肺は潤っていたい臓器ですので乾燥を嫌います。
秋になって空気が乾燥してくると肺が弱ってきます。
そうなると、咳や鼻がでたり、
アトピーなど皮膚症状がでてきます。

症状は身体だけでなく、気持ちも憂い
悲しみやすくなります。
秋がなんだかさみしい気持ちになりやすいのはこのせいです。

肺が弱り、宣散粛降が低下すると、
水分の鬱滞が生じるのだそうです。
身体の中の余分な水分は、鼻水やくしゃみ、目の痒み、
皮膚症状などとして表れます。

秋にアレルギー症状が出やすいのも
肺が弱ってくるためだそうです。
私の母などは、喘息の発作が出そうで
秋はいつも気弱になっています。

秋は、アレルギーが出やすくなったり
アトピー性皮膚炎が悪化したり
なんだか、無性に悲しくなったり。。。

また肺は、大腸と深く関係しています。
表裏一体の関係と言いますか・・
なので、肺が弱っているなと思ったら
腸であるお腹を大切にして下さいね。

腸をケアすることで、肺も同時にケアされていきます。
腹巻きをしたり、下履きの枚数を一枚増やしても効果がありますよ。

ただ、咳でもクシャミでも鼻水でも
それは身体が起こすデトックスなので
咳止めなどで無理に抑え込んだりせず
身体を温めてケアしましょう~。


「手当て」 は必ず、身体と心に届きます。



2017091214530000.jpg




関連記事
2017.09.27 / Top↑
何のって?

フーテンの寅さんの。。。 (;^_^A



寅さんの

あの大きなカバンをギターケースに持ち替えて

うちの寅は、今頃どこでどうしているのやら。



今年の6月で30になった次男。

ある日、バイトも全部やめてしまって

旅から旅へ 歌うたい一筋の道を歩き始めた。

別に、プロになるのが夢でも目的でもない様子

そんなうちの寅曰く、

「ボクのまわりには、プロなんかより

 もっといい歌うたってる人がいっぱいいる!」

かららしい。


だから自分も、そんな素敵な人たちの中で

自分を磨いていきたい・・・ 深めていきたい・・・ 

優しい大きな人になりたい・・・

そんなすべてを歌にして生きていきたい・・・・

んだと思う。




頑固一徹で、同じく頑固な私とは よくぶつかって大喧嘩になった。

中学の時に1回と、高校3年の進路を決める時に1回、

最後は大人になってから、原発の問題を電話口で大激論。 (;^_^A

小さいころから、「こう!」 と言いだしたら聞かない子だったから

今、旅から旅への歌うたいの生活を親がどうこう言おうと

あの寅が曲げるはずはない。


今はもう、ただただ、見守り祈るしか出来ない私たちだけれど

大人になった彼に今、言葉すら滅多にかけることもなくなったけれど


どんな時も、彼を信じ 心の底から愛している。




でもどうか、どうかどうか、身体にだけは気をつけて

たった一つしかない身体、他に代わりのない身体を

どうか大切にするんやよ。

今そうして旅ができるのも

歌がうたえるのも

がんばり続けてくれる身体があるからこそ

そのことを忘れないで。

魂を包み、心を支えてくれているのも身体やよ。

大事にするんやよ。 自分にしか大事にしてあげられないからね。



ついさっき、こんな親の代わりに、心配をして下さる方を息子のFBで知り

ありがたくて ありがたくて 胸が一杯になってしまった。

ありがとうございます。  ほんとうにありがとう。



寅や

あんたには、ずっと心配してくれる妹のさくらも

慕ってくれる甥っ子のみつおもいないんだから

とーさんかーさんが、この世からいなくなったあとが心配やよ。

どうぞお兄ちゃんと助け合ってね。。。




そしてどうぞ まわりの人みんなを大切に

きっときっと 

しあわせになってね。



20170903_122701.jpg



どこかでこんなメガネの青年が
関西弁で話し
サウスポーでギターを弾いて歌っていたら
それはうちの寅です^^(笑)


どんな歌を歌っているのか
どんな心を歌にしているのか
どうぞ聴いてやって下さい。

よろしくお願い致します。


感謝を込めて。


関連記事
2017.09.10 / Top↑
友達がMRI検査の後、
なんかしんどいそうです。

「これも被曝?」 と、少し心配そう。。。

MRIは放射線ではなく磁気なんだそう。

強い磁気の影響には、ホメオパシーがあります。

一つは
■ Magn-arct. / マグ ポラス アーティカス
ちょっと舌みそうな名前^^💦

もう一つは
■ Magn-aust. / マグ ポラス オウスト です。


そういえばずっと以前、肩こりの酷かった実家の母が
磁石だらけのマットレスを買っていて
よぉ似たマットレスが、他にも何枚か
実家の押し入れにありました。

でも磁気は、身体の自然なバランスを崩してしまうのよね。
最初は効いたような気がしても、使ううちに
かえってだるさやしんどさが増したのでは・・? と
今になると想像がつきます。

それで、これでもか これでもか と、
どんどん強い磁気マットレスを買っていったのだと思います。
(広告って怖いですよね。CMを見ているだけで
 そんなに効果がある気がしてしまう。)


MRIになると、きっと磁気の力も強力でしょうから
友達もすごく疲れたんだと思います。
どちらか準備して、次の検査の後には
試してみてはどうかな と思います。


ついでと言ってはおかしいですが
レントゲンやCTスキャンなど、
放射線の影響が心配な方は、こちらのレメディがいいそうです。

■Phos. / フォスフォラス

または

■RX-Ray. / レイ(RXシリーズ)
レントゲンや放射能の影響に、コンビのレメディ
高いポーテンシーで深く作用。


まだどれも自分は試したことないのですが
あるホメオパスの方の子供さんは
レントゲンのあとに、このレメディを摂ると
鼻血が出るんだそうです。
子供の代謝力って、すごいですね!
そうして毒出ししてるんでしょうね~。


私も昔、術後8年ほど、毎月CTを撮っていました。
あの頃、ホメオパシーを始めていたら・・・
と、つくづく思います。

中医学やアーユルヴェーダ、
あれやこれや、自分の出来る範囲ではありますが
かなり勉強してきました。
が、ホメオパシーは何故かずっとスルーしていました。
(ホメオパシーの存在は、ちゃ~んと知っていたのに。)

でも、たくさんたくさん、回り道してきたからこそ
今ここに居るんだな~・・と思います。
でも、も少し早く出逢いたかったな~ とも思いながら・・・
回り道は、決して無駄ではなかったし
むしろホメオパシーを学ぶ上で、とても役にたっていて
ありがたいと思っています。

結局、無駄な道なんてないのでしょうね。

回り道をさせられるのは、きっと必要だからなのよね。

これからまだ、どんなものに出逢うかもわかりません。
・・って、どこまで生きるんじゃ~~い!💦

楽しんで感謝して、
お勉強していきたいと思います^^




2017080908120000.jpg


関連記事
2017.09.08 / Top↑
今日はゴミの日だったので
とーさん、
朝から猫トイレの砂を入れ替え
トイレもキレイ~に洗って
ふと見たら、手首にヒルが!!

こんな時、ちょっと肝の小さいとーさん(;^_^A
慌てるばかりで何をどうしたいのか
ただあちこち走る💦

外の蛇口で洗ってたところに
ちょうどヒルがいたらしい。
刺されないように~ と思って注意してたのに
しっかり噛まれてるし。


体内毒素が多い人ほど
虫に刺されるそうだ。
それも毒の強い虫ほど、こちらの毒素が多いとか。

虫がその毒素を吸い取ってくれるわけではなく
毒虫に刺されることで、
その毒を出そうと身体ががんばるため
体内毒素も一緒に出してくれるんです。

ん~~~・・・ 身体は深い!

ヒルはすぐに、とーさんにティッシュで捕まえられ
まるまると太る間もなく、成仏なされた。

そのあとも数分、手首の傷口からはダラダラと血がながれて

「とーさん、これも一つのデトックスやねんで。
 ヒルが助けてくれたんやわ^^」

という私に、「うー」と言って
あまり納得いかなさそう^^;当たり前か。
とにかく怖がりなとーさん。

「もし、気づかへんで、このまま吸われ続けたらどーなるん?」

と。 A ̄◇ ̄;)

「いやいや、すぐに気づいたでしょ?
 それも運やから。もう大丈夫やわ。
 出さなあかんものは、きっともう出たよ。(*^^)v」


hiru_2017090816041760a.jpg

関連記事
2017.09.08 / Top↑
今年は
うちの庭に、ちょくちょく
赤とんぼが。


2017090511560001.jpg



この家に移り住んで
今年で4度目の秋になるけど
こんなことは初めて。

うちの周りは田園が広がり
いつも無数の赤トンボが舞って
田んぼの上が 
うっすら赤く見えるときがある。


農薬散布が農家の人の身体を脅かして
そのために作られたらしい箱処理剤?
勉強不足で、詳しく知らないんだけど
その薬なら、粒状のものを水田に撒けばいいそうで
農家の方が吸い込む危険がない・・と

ただでも、その薬は
水の中の虫や微生物を死滅させてしまい
タニシもカエルもみんな?
トンボの子供のヤゴも例外ではなくて
そのせいで、いつからか赤とんぼの姿が見えなくなった
・・・と ずっと前に何かで読んだ記憶がある。


とーさんが畑を始めて、よ~~くわかるけど
無農薬で育てるのは大変。
日々、草や虫や病気との闘いや心配。
虫もとらず、草も刈らない完全自然農法をしたくても
とーさんが一生懸命植えた生姜が
今年は草に呑まれて、跡形も無くなったりすると
「ま、しょうがないやん^^生姜だけに^^;」
なんて笑うこともできなくて
「あぁ・・それは残念すぎる~~
 とーさんの生姜、楽しみやったのにね~~」
と慰めるしかないもんね。

それでも、
汗だくになってでも
無農薬・無肥料はゆずれなくて
がんばってくれてるとーさん。
この辺の農家さんも
出来る範囲で減農薬に努めておられることを聞く。


ただ原発など、ひとたび事故が起きれは
農薬の比ではない。
どんどん増える核のごみも
どれだけの毒を流し続けているんだろう。
北の核実験、日本のすぐそこだよ~~・・・!
放射能が漏れない研究も成果を上げている・・って
それって、問題がちゃうやん!

・・・・

こんなこともあんなことも言いたいけれど
日本の国が、民の命をものともしないのだから。

今ある大人の責任として
泣きたいほど 息子たちに申し訳なく
息子たちに、地球の子供たちに
どうか頑張って生きて!と願うしか私にはなく・・


秋空をスイスイ泳ぐ赤とんぼ
来年も 再来年も またやって来ますように。


2017090511590000.jpg
関連記事
2017.09.08 / Top↑