星降る山の麓から

こないだの秋晴れ(ん? もう冬晴れか^^;)の日、

白菜漬けの準備と
沢庵漬けの準備をする。


151130_130426.jpg

この白菜は、おとーちゃんの畑の先生作、
お向かいのばぁちゃんの白菜だ。


今年、とーちゃんの畑の冬野菜が
なっかなか育たず・・・
白菜も、まだ巻きがあまく
貧相な姿とか。

ばぁちゃんの白菜は、まるまる太って
それは美味しそう~!

151130_130444.jpg


こんな白菜を見ていると、亡くなった私の祖母を思い出す。


祖母のお漬け物は、ほんまに美味しかった。
白菜の瑞々しさ、甘みも充分にあって
そのうえしみじみ味わい深い・・・

あんなに美味しい白菜漬けを
私は他に知らない。
習っておいたらよかったなぁ~・・・


それにひきかえ、私はど~も、お漬け物がヘタっぴぃだ。
塩が濃すぎたり、水っぽかったり
味に深みもない・・・


祖母の白菜漬けは
塩と昆布と、蜜柑の皮、鷹の爪だけだった。
わざわざ柚子を買って使っていたわけでなく
みんなが食べたあとの蜜柑の皮を干して
それを使って漬けていた。

今年はいっぺん、あの味を
よぉ~~く よぉ~~く 思い出しながら
漬けてみようと思う。

がんばろ~!

 
 ところで・・・・ 
 どうも私はお漬け物がヘタっぴぃだと
 母に話すと、母が言った。
 
 「それはあんたがまだ若いから。
 こういうもんは、齢をとったら勝手に上手になるよ。
 みててごらん^^ もうすぐ出来るようになるから。」

ほんまに?

そんなもんなんやろか・・・? (°_°) 
・・そうなれたら嬉しいけどなぁ・・・

まだまだ、あの頃の
おばあちゃんの齢には届かないけど
いつか叶う夢として
楽しみにしていよう。(*^_^*)







沢庵漬けの準備も出来た。

151130_130541.jpg

こちらは4~5日くらいから、1週間干す。
大根の大きさにもよるけど
「干した大根で、襟巻きができるくらいのしなり具合」 
と聞いたことがある。

とはいえ、あまり干しすぎると
沢庵が硬くなって不味いとも聞く。


去年、とーちゃんファームの大根が豊作で
・・・といっても、初心者の大根らしく^^;
15cm前後の小さいのがほとんどだったから
( とーちゃんは、間引きが出来ない (>_<) )
それでいっぺん、沢庵にチャレンジしようと作ったのだった。


今年は大根も、やっぱりダメ。
ま、しゃあないね。
こんなことも あらぁな (*^_^*)♪

daikon.jpg


また来年がんばろ^^  とーちゃん。





今年の、この大根は
やっぱりばぁちゃん先生がくれた少し小振りのものと
いつもの青空市で買ったもの。

とりあえず、手に負える数だけ
無理はしないのがいいよね^^


それにしても連想するのは・・・

151130_130747.jpg


bety1.jpg
画像はおかりしました~


なんとまぁ きれいな御々足やこと~ (*^。^*)





沢庵の漬かり頃の目安は
だいたい1ヶ月だということで
楽しみに蓋を開け・・・

わくわくして味見してみると  

ちっとも美味しくない!  (≡д≡)

あっちゃ~~
こりゃ失敗したかな~・・・


干した大根の1割の米糠と 6%の塩
そして、甘みとして 柿の皮・・・
できれば渋柿の皮 とあったのを
柿の皮は、とっくに捨ててしまったので
仕方なく干し柿を買ってきて漬けたのだった。

あれがあかんかったんやろか・・・・
いや、そんなことないよなぁ~・・・

とにかく初心者なので、不味い理由が解らず・・・
けど、捨てることもできず
ま、そのうち料理にでも使うか・・・

と思いながら、そのまま放置してしまったのだった。

そうするうちにまた1ヶ月くらい過ぎて・・・
放置したままの沢庵漬けが気になりながら

「腐ってるんちゃうやろか・・・」 (´・_・`)
みたいに思うと、怖くて蓋が開けられない。
 
 ちゅなこと言うてんと
 早よ開けんか~い! (ノ`<´)ノ :・'∵:.┻┻:∵



で、A ̄エ ̄;) やっとこさ
開かずの蓋を開けてみたのです。。。。。 (>人<)


・・・すると

案の定、傷みかけてるし。(><)


やややっぱり・・・・

と、ふと 
まだ底の方は大丈夫じゃないかと気づき
漬けたポリ袋ごと、ひっくり返してみた

sakasa.jpg



袋の底から穴を開け、点検したら、ほとんど大丈夫!!
 
おそるおそる味見してみる・・・・・

 オ・・ オイシイ!!!  :*:・( ̄∀ ̄)・:*:

発酵が進んで、なんとも味わい深くなってる!
そう、この味!

やった~!



そぅかぁ~・・・
お漬け物って
私が作ったんやなかったんやな~
時間が作ってくれてたんや~・・・ (= ̄。 ̄=)

これが、もしかしたら母の言う
齢をとったら勝手に出来る・・・
ということなのかなぁ・・・?

力のある若い頃って
何事も自分主流で

そんな若い時を経て
力を抜くことや、待つこととか
ちょっとずつ 「ええ加減」 になっていく^^;

全力投球しない大事さを
だんだん心得ていくのかも^^


災い転じて福となす
瓢箪から駒
ピンチはチャンス
笑う門には福来たる (ちょっとちゃう?^^;)




そんなお蔭さまで
妙~に納得した 初めての沢庵漬けでした。



毎年一つずつ、
おばあちゃんに届いていく。。。
今年も、美味しく漬かりますように。 

渋柿の皮も、今年は売るほどあるしね♪












ランキング参加中
応援ありがとうございます








2015.12.03 / Top↑