星降る山の麓から

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
150208_112514.jpg



更新早々  \生ゴミじゃん!!/

と思われても仕方のない写真ですが~ A ̄_ ̄;)

これね、スープなの。
っていうか・・・ スープの材料 ね。

どう見ても、生ゴミにしか見えないんだけど

ご存知の方もおられると思います。
『 ベジブロススープ 』
と申します。

 またまたぁ~~  ゞ( ̄||)
 アンタってば また何か懲りだしたのね~  

ハイ。 そーなんです。 (=^^=)v
前からね、聞いたことはあったんだけど
知らなかった。
チャレンジしたことなかったんです。

先日、畑の先輩でもある友達が
土づくりのための①「ぼかし」っていうのを
野菜と一緒に送ってくれたんだけど
その中に、興味深~~いプリントが!

ま~これまた私の大好きな方向のもので^^;

・・・ そもそも
その「ぼかし」を使って土づくり・畑づくりをすると
「虫喰いや病気もしない元気な美味しい野菜が作れる」 という
佐世保の ②吉田俊道さん という方の講演に
その友達が行ったことがきっかけで
「半信半疑ながら、やってみようと思うんだけどaccoもせんかぃ?
 興味あるなら、ぼかし送ります。」
と言って先にメールが届き、
じゃ うちも、いっちょやってみるべ!? となり
送ってくれたのよね。

生ゴミを堆肥にして、肥料に使う・・という方法で
生ゴミを腐らせず上手に発酵させて肥料にし
素晴らしい土を作ると、自ずと、そこから生まれる野菜も素晴らしい・・・

ということなんだと思うんだけど (これでほんまに合ぉてるかな?^^;)

とにかく! まずは実践・実験じゃ!
とばかりに、とーちゃんと始めたのです。

・・・・・ あり? (''_''?)...ン?
こ・・・ これは? 畑の話よね A ̄エ ̄;)・゜゜・
 
畑は、まずはとーちゃんの管轄で^^;

でもとにかく、この吉田俊道さんのプリントは超~面白くて
私のツボにはまったのです。

いつかこちらで是非ぜひ、アップしたいと思っています^^



でね、最初のスープの話に戻りますが A ̄▽ ̄;)
この 『 ベジブロス 』 とは

 ベジは Vegetable(野菜) だよね
 ブロスは Broth(ダシ) のことで

な~んだ~^^; 野菜スープか~  ということになるんだけど

ここでいうベジブロスって、「野菜クズのお出汁」のことなのよね。
皮や芯や、外葉や根っこ、種までもスープに使っちゃうんです。

普段、捨てるところにこそ
野菜のミネラルだの濃い栄養がぎゅぎゅーっと詰まっている。
毎日、捨てているところこそが、宝というわけですね^^

そういえば、漢方の食養生でも
例えば魚の皮やヒレ、骨、目玉などは金。
身は銅とか、毒とさえ言うようですから。
毒ではなくても、野菜でも魚でも、同じなのね~


以前から、野菜の皮は使いたくて
じゃが芋や人参、大根の皮できんぴらを作ったり
かき揚げにしてみたり。。。
それもとても美味しいんだけど、ずっととなると
これがなかなか継続しにくく・・・

などと (´・_・`) 
長々と私が説明するより、そのプリントから
スープについて書かれているところを移してみますね。

・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ 

『 ダシの作り方と効用について  ③NPO法人大地といのちの会 

ところで、微量ミネラルは海が最高ですが
ビタミンや④ファイトケミカル類は陸上の野菜の方が
紫外線等の強烈な環境に耐えるために多く含みます。
特に野菜の皮や芯のところに濃縮しています。
そこで、海と陸から生命の源を集めた
「ベジブロススープ」を日々の食事に導入して欲しいのです。

作り方
・野菜の皮、ヘタ、芯、タネなどの調理くずこそ
ビタミン・ミネラル・ファイトケミカルが集中している部分です。
両手一杯集まったら約1.3ℓの水に入れ、
アゴ、イリコ、昆布の粉末を入れ、酒小さじ1を加え、火をつけます。
※傷や変色した部分は使わない。 古じゃがの皮は使わない。
※スイカやかぼちゃの種も使う場合はつぶす。
・沸騰したら極弱火にして30分程度煮る。
・これをザルで濾す。 冷蔵して3日で使い切る。または冷凍。

効果
・免疫力増強(白血球が4割増加)
・ファイトケミカルは野菜の持つ活性酸素消去物質で
 老化やがん予防などの効果があるが、野菜を煮出すことで
 生の10~100倍も吸収率が上がる。
・ベジブロススープを食事の最初に飲むと水溶性食物繊維の効果で
 血糖値が安定し、糖尿病予防になる。 』

・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ 

これは面白い!
やっぱり、チャレンジしなくっちゃ!

と、始めてみたんです^^;

ところがどっこい
街にいるころなら、野菜の皮などすぐに溜まるのに
こちらでは農家のご近所さんや
とーちゃんの畑のおかげで
皮ごと、しっぽごと、根っこごと食べることが増え
野菜くずが ほとんど出ないではあ~りませんか。

でも、なんとか溜めて
上の写真くらい、集めて作ってみたんです。
あ、その間に、イリコと干しシイタケ・昆布をミルにかけて
自家製ダシも作りました。
アゴが近所に売ってなかったので
イリコだけですが、干しシイタケも入れたらいいかと思って
プリントには書いてなかったけど入れました。
昆布は細く切ったものを買ってミルにかけると楽にできました。
鰹節なんかも入れると美味しいかもしれないけど
とりあえずは、この三品で。

上の生ゴミのような
(いえ、ハッキリ言って、今まで生ゴミでした!)A ̄_ ̄;)・゜゜・
野菜クズは・・・
 大根のしっぽとヘタ
 玉ねぎの皮とヘタ
 ニンニクの皮
 シロナの根っこ
 エノキの軸
 シイタケの軸(硬いところ)
 長ネギの青いところと根っこ
 生姜の皮
 人参のヘタ
 ブロッコリーの軸と葉
 春菊の根元
 サツマイモのヘタ
 塩蔵山蕗のスジ
 ・・・・等々
憶えているものだけ、並べてみました。
これだけ集めるのに、3~4日かかったと思います。

これを30分、煮ればいいだけなので簡単なんですが
いやはや 大変なのは ゴミだったものを洗う作業なのです。
捨てるなら、洗わなくていいものを
一つ一つ、タワシで丁寧に洗う(捨てているところって、しっかり土がついてる^^;)
・・・って、けっこう根気いる~~

それでも、やってみたい私。


150208_124012.jpg

スープはこんな感じですが
う~~~ん・・・
なんとな~く、やっぱり野菜の土っぽい香り・・っていうのか
青っぽい、濃い感じなんですが
でも、それはそれでなかなか美味しい。
手づくりイリコ出汁も効いてます。

朝は、このスープにお味噌をとかし
具がなくてもいいんじゃないかとさえ思います。

この間は、このベジブロスに、普通に野菜を足してスープにし
翌朝、残ったものをミキサーにかけミルクでのばして
ポタージュにしました。

150209_103222.jpg

野菜のポタージュは、よく作り
とくに、家族に病人がでたときの我が家の必殺のスープですが^^;
これぞ、起死回生の 「救いのスープ」 と言えるように思いました。


考えてみたら
野菜クズって、特別にこうしてスープにしなくても
普段から、皮もヘタも根っこだって
使ってしまえばいいわけで
ただ、青くさいとか、硬いとか、土っぽいとか
だから捨てるものだと思い込んでいて

あとは農薬・・・
これが皮を遠ざける一番の理由になっていたんだけど
畑をするようになって、野菜との付き合いが変わってくると
ちょっと違う気づきっていうのか
野菜の見方が変わったのよね。

スーパーの野菜って硬いけど
あれは土を早く洗い落としてしまうからと
あとは、農薬のせいだと思って
今まで皮ごと食べるのは敬遠してしまって。

でも、もしかすると
農薬から身を守るために
野菜自身が硬くなろうとしているのでは?
と思い始めたのよね。
だから皮とかは一番、頑丈な部位で

それでもやっぱり、できれば皮は食べない方が
農薬摂取量が減るのかもしれないけど

でも
でもね、もしかすると
野菜はそんなバカじゃない^^;
・・・ヤワじゃないかもしれない。
皮にはちゃんと、体内毒素を出すためのものも備わっていて
大丈夫なのかもしれない。
いやそれどころか、食べたほうがいいのかも。。。。

なんて、思い始めて・・・・

皮も実も 感謝して頂く

いのちは まるごとで いのち。

いのちを 感謝して頂く。

何がどこによくて 何が何に効くか

そんなことではなくて

いのちは み~んな 私の(次の)いのちになる。


そういうことなんじゃないかなぁ。。。。



このベジブロス生活

ちょっと続けていこうと思っています。

いつか何か、キラっと気づきが見えてきたら

ご報告しますネ^^



more
スポンサーサイト
2015.02.14 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。