星降る山の麓から

金曜の夜に
まるで嵐のような横殴りの雨と風、
雷まで空に轟き
予報では あちらこちらに竜巻注意報も。

この 街の我が家も例外ではなく
注意報の圏内に入っていた。


ちょうど とーさんがまだ
職場にいる時間で
あまりの外の異様さに
少し恐怖を感じる。
猫たちも落ち着かない様子だったけど
時間にしたら そんなに長く続いたわけではなくて
一時間前後だったと思う。
我が家は無事です。


もしこれが
山さとの家なら
雨風がもろに屋根や壁を叩き
雷は空を割る勢いだったろうと想うと

くわばらくわばらっ (>_<)

猫たちと私一人の留守番は
考えただけでコワイ


…でも
そのうち私も 山のオババとなり
嵐がこようが 空が割れようが?
「あれあれ…^^;
今日はほんに 賑やかなこと^^」
なんて言って
平気でお豆のスジなんか取ってそう。

あ~早く そんな山のオババになりたいもんだな^^


オジジはどうしているだろうか?

きっと落ち着かないで
畑を見に行ってくるだの
裏の水路が気になるだの
オババの言うことも聞かず
うろちょろして…

そんなおじいさんが
行方不明になったり
大怪我をしたり…

こんな嵐の日には、必ず一人二人 いるのよね。

あかんよ とーさん
じっとしときや。



… … なぁんて^^;
こんな空想して楽しめるのも

雨上がり
涼しくなったおかげだね。

とは言え、きっと束の間の涼しさだろうけど
朝夕 秋の虫たちが鳴き
ひとごこちつけました。

涼しい秋の一日と
いつもどおりの無事の日を

ありがとう。
2013.08.26 / Top↑


山さとの暮らしが叶ったら

自分でもお世話ができるように
鉢植えのハーブや野菜を育て

季節季節の実りを
干したり
塩漬を作ったり
ジャムやジュースを楽しんで


午後は涼しい木陰で
冷たいお茶を飲みながら
今まで集めてきた端ぎれでパッチワーク。

一針一針楽しみながら
今度こそ 大物を作ろう。

先ずは可愛いベッドカバーかな?^^


少し目が疲れたら
石鹸のためのハーブを摘んで
コトコト煮出す。
可愛い石鹸が 軒下に並ぶ。
たまごのような石鹸
赤ちゃんみたいに愛でながら

もう夕飯の支度だね。


洗濯物を取り込んで
台所の窓を開ける。

山からの風が
麓の屋根や田んぼを渡って
今日も変わらぬ一日だったねと
私に話しかけてくる。

でも風は 昨日とは違う風。
それがわかる幸せ。

暮れてゆく山を眺めて
台所からは煮物の香りや
ご飯が炊ける匂い。




ラジオを聴きながら
後片付け。

弟のお茶碗や
お気に入りのグラスを洗い

珈琲がいいかな?
それとも一杯いく?



ラジオを止めて
星を見上げる。
明日も晴れたらいいなぁ。
でも雷さまのボーリングも
ちょっと聞きたいよね^^;



庭の柚子がだいぶ大きくなってきたね。
明日はスケッチしておこう^^






そうして歳をとり
時間はゆっくりと流れて
いつかこの家や庭と別れの時がくるまで

どうぞ 私の手が動きますように。
髪を洗ったり
服を着替えたり
ご飯も自分で食べられますよう

そうして 出来るものなら
とーさんのお世話が出来て
二人のご飯くらいは
作れますように。

ちょっとぐらい
記憶があやふやになっても
子供たちの幸せを願えますように。




… 贅沢だったら ごめんなさい。^^;
2013.08.21 / Top↑

 
そうそう
 
忘れていました。
我が家の 初Blueberry jam
 
 
去年は丸坊主だったのに
 
今年、たわわに実をつけたBlueberry
 
 
 
 
生で食べるには
ちょっと味が薄かったし…
すぐに傷んでしまうので
 
少しでも長く楽しもうと
jamにしました。
 
 
濃い赤紫色の
なんとも綺麗なjamが出来上がりました。
 
お味も最高でした^^
 
とーさんが毎朝食べて
 
もうありません。
 
(>_<)
 
山さとの お隣りさんにも
ほんのちょっと ^^;
おすそ分け出来ました♪
 
 
あとは鳥さん
アナグマちゃん
野うさぎさん
 
食べてね ^^
 
 
 
2013.08.19 / Top↑
♪ 花がぁ~ 女か~ 
  男が蝶ぉかぁ~ A^_^;)
 
 
いやその 
まったく関係ない歌で始まりましたが 
(それにしても ふるっっ!)
 
…昨日 
たまたまテレビを見ていたら…
蛾のような 渋い色合いの蝶が…
ちょうど先日 山さとで見た
あの蛾とよく似た形で
扇形の羽を広げて
やっぱりじっ…と静止していました。
 
テレビの蝶は、墨流し とか言う
 (間違ってたらごめんなさい 
名前の蝶で
 
山さとの蛾の アフリカのお面のような
そんな素朴な模様ではなかったけれど
 
ちょいと着流し風の
小意気な姐さんみたいに…
 
でも、形はそっくりで
で、思い出しました。
 
羽を広げたまま眠っていたので
てっきり蛾だと、疑わず
「蛾」にしてしまいましたが…
 
蝶と蛾の見分け方の一つに
羽の形がありました。
 
蛾は
開いた時、二つの羽が
ちょうど三角形になるのです。
 
なので、私に 「蛾」と言われた
あのお面の方は、蝶だったのです。
あんな綺麗に 半円を描くように広げた羽の持ち主は、その羽を閉じずに眠っても 蝶なのでした。
 
 
 
蛾と蝶と。
同じ虫偏なのに
どうしてこんなに 別々の人生を歩む(飛ぶ?)のでしょう。
片一方は 綺麗な色味の衣装がいっぱい、
お日さまの下で 風と戯れ
花から花へ
とまれや遊べ
遊べやとまれ と歌われて
 
方や 蛾 というだけで毛嫌いされ
夜の電柱に 明かりを求めてパタパタ飛んで
粉を撒き散らして嫌がられ…
 
明かりの下で待っている カエルやクモのご飯となって…
 
 
 
 
蛾だとばかり思っていた子が
蝶だとわかって
ちょっと がっかりな 街の私です。
 
 
 
 
2013.08.15 / Top↑


街に戻ってから
連日 干上がりそうな猛暑が続いてる。

朝晩は 湿度が高くて気温が下がらず
昼間は容赦ない日照り。
窓のサッシを開けると 火傷しそうな照り返し。


こちらはまだまだアブラゼミが鳴き
どこにも秋の気配がなくて当然だけど

山さとでは 朝夕 蜩が鳴いて
先週末には ツクツクボウシも鳴きだした。

道の端には 青いイガ栗が落ちて
田んぼの上には 無数の蜻蛉が飛び交い
よく見ると、稲の穂も だいぶ大きくなっている。

あんなに暑かったけど
秋の始まりがそこかしこにあって
もう少しの辛抱なんだな …と思わせてくれる。

夏の帰り仕度…
街はいつ頃 始まるのだろうな?




神戸の 小さな旅の季刊誌
秋号の〆切り日が近づいてる。 A^_^;)

猛暑の街で
山さとの 秋を思い出しながら
早く仕上げなくちゃ (T▽T)
2013.08.13 / Top↑


カムチャッカの若者が
きりんの夢を見ているとき

メキシコの娘は朝もやの中でバスを待っている

ニューヨークの少女が
ほほえみながら寝返りをうつとき

ローマの少年は
柱頭を染める朝陽にウインクする

この地球では いつもどこかで
朝がはじまっている

ぼくらは朝をリレーするのだ

経度から経度へと

そうしていわば 交替で 地球を守る

眠る前のひととき 耳をすますと

どこか遠くで 目覚まし時計のベルが鳴ってる

それはあなたの送った朝を

誰かがしっかりと 受けとめた証拠なのだ


谷川俊太郎








山さとの玄関先に
じっととまったまま

眠っているのか 羽をひろげた蛾が一匹。
綺麗な模様の羽は 誰の物真似なのかな。

鳥や獣のお面を背中に広げ、こうして身を守っているんだね。

神様は なんて小さなところにまで 心遣いをくれたんだろうね。


山の朝の空気に包まれ、蛾と私と。
その場でしばらく見とれていました。


2013.08.12 / Top↑


今週に入ってからの山さとは、午前中から蒸し風呂みたい。

正午近くになり、気温が上昇し始めると、息をするのもしんどく感じるほど。
とにかく湿気がすごい。
こうなるとマイナスイオンも湯気の中にいるようで、この空気中の粒々が早く雨になって欲しいと願う。

それにしても今夏の山さとは、長い長い梅雨のよう。
毎日 雷と雨に見舞われながら、雨としての量はほんのわずかで…
そのくせ 一日中 山は雲を生み続け、山全体は霞が掛かったように白くぼやけている。

街の暮らしと比べ、朝晩 気温が下がるだけでも有り難いと思わなくっちゃ。

ただ、汗かきさんにとったら この湿度の高さは堪えられないらしく、とーさんは暑いを連呼、参っている。
毎年なら 暑さに弱い私がフラフラになっているのに、今年は暑い暑いと言いながら 意外に元気に過ごしていて、自分でも不思議。

汗をかかない身体が 高い湿度の中でサラサラなだけ、ベタベタのとーさんより楽にいられるのかもね。


もう一つ、
山さとで この湿気がメリットとなっていることがある。

それは、水温が低いことだ。

たぶん湿気のせいで地熱があまり上昇せず、地下は尚 低い温度なんじゃないかな?
おまけに アスファルトやコンクリートの少ないせいで、雨のたびに地面が冷やされているんだろうな。

マンションの水道水が あんまり温かったので、こちらに来て本当に助かった。
こう酷暑が続くと、水が冷たいと言うだけでプレゼントを貰ったみたい。嬉しい。

水道管が通っている場所なんて、地面のすぐ下。
そんな浅いところの温度が低いということは、水温だけでなく きっと色々 恩恵を受けているはず。

そんなことを一つ一つ考えていると、便利と引き換えに壊してきた恵みの大きさをつくづく思う。


山さとに来る途中には 中途半端に止まった道路の建設工事や、宅地開発されかけたまま、時間が止まってしまったような 切り削られた痛々しい山を通る。
もうこのまま やんぴになってくれたらいいと いつも思って見ていたけれど…

政局が変わったとたん、がたがたと再開し始めた。

こうして、経済優先の日本がまた始まり、過去のあやまちを繰り返そうとしている。


山々は、木々は、鳥や獣や私達に木陰をもたらし、雲を作り 雨を作り 命の水を作り、海を浄化しながら、また山の緑に還ってゆく。


この豊かな森や山を沢山たくさん、次の世代に そのまた次の世代にも 渡せるように。

私達の命を守り 救うのは、この豊かな自然なんだと伝えたい。



と、私一人が呟いたところで… ブログに書き記したところで…
何になるわけでもないのだけれど…

「 宇宙にはちゃ~んと思いが届いている 」
のだそうだから^^

諦めずに。


2013.08.10 / Top↑


昨日は、日中の暑さと打って変わって
夜にはぐんぐん気温が下がり
夜中の0時を回る頃 外気温は24度台に。

丸一日、もうダメかと思うほどの暑さに参った身体に、冷たい空気がしみてゆく。
本当にありがたい。

マイナスイオンだらけの山さとに
今朝も真っ白な朝靄が立つ。

ふと温度計に目をやると
今朝は23度台に。
Tシャツでいると少し肌寒い。
…でもまたすぐに うだるような暑さになるんだろうな… …


今年 豊作だった梅、
その木の横のブルーベリーも今年は鈴なりで
黄色 赤 紫と実が色づき、摘むと食べるのが勿体ないくらい可愛い。
一つ口に運ぶと 優しい~甘みが広がる。
肥料もやってないのになぁ。
ベリー種は、本来 野生の植物だからなのかなぁ?


実のなる木って大好き。
2本の柚子も、少し大きくなってきて、いっちょ前に木らしく枝葉をふやしている。

早くオリーブの相方を買ってやらなくちゃ。

ブルーベリーは♂の木、♀の木があって
オリーブは種類の違う木を植えるといいんだって。
植物も こうなるとなんだか面白いよね。






東からの朝陽に照らされ、西側の山肌から 靄が晴れてきた。
昨夜は星が一杯みえたし 今日はまた暑くなりそうだ。
洗濯を済まして 今から朝ごはん。
ゆうべ遅くに次男がやって来たので 今日は賑やかになるなぁ。
2013.08.07 / Top↑


今朝がた
ブログ投稿しようと
カエルちゃん激写に外へ出て
撮影のあと、記事を書いていたら
屋根の上から
ピコジが降って来たっ

この子はまた、一人で降りられないくせに
朝のうちに登って
降ろして~
降ろして~
と、鳴き叫んでいた模様。

がんばって一人で降りなさい。
登ったんだから、降りれるでしょ!

と、相変わらずお母ちゃんは厳しい。

それでもニャアニャア鳴く子を尻目に
記事執筆に余念のない私。


と、

ゲシッ!!
っと頭の上に
5kgの猫の爪がっ!!!

次の瞬間、
その爪は 私の右腕を蹴り飛ばして
クルクルっと鳩鳴き声を発しながら
ドスン!と着地して
スタコラさっさと走って行った

も~ 痛いのなんの!
久しぶりに泣くほどの痛みを味わった

痛みを大切に やと~

どこの誰がそんなこと言うとんねんっ



冗談はさておき


ほんっとに痛くて
しばらく頭を押さえこんで
その場を動けなかった。

一瞬、
流血の騒ぎとなるかと焦ったが
私のドタマって 丈夫なのね~
少し腫れただけで 無事だった。

ピコジの爪を 出掛ける前の日に
切ってきたのが正解だった。

今尚 ピコジは私の腕をチュウチュウ
吸う癖があり
フミフミされるたび超痛いので
切って来たのだった。

それで助かった。

頭を押さえてうずくまっている間に
蚊にまで刺されまくり
右腕 3箇所
左腕 9箇所も

踏んだり蹴ったり&刺されたりっ

ちょっとしたアクシデントの朝だった。


とーさんギックリ
かーさんビックリ
言うてる場合か。


せめて 手作り虫よけスプレー
しとけばよかったヨ


突然ですが

●ラベンダーの虫よけスプレー
コップ一杯分

水 コップ半分
ウォッカ
またはアルコール コップ半分
ラベンダーのエッセンシャルオイル
15~20滴
(ラベンダーは虫よけになるハーブです)

全部を混ぜて出来上がり。

注 : アロマオイルでなく
必ずエッセンシャルオイルを使ってね。


たっぷり噴霧すると よく効きます。

また、刺されたあとも
不思議と効くんです。
オイルやウォッカに
消毒効果があるからでしょうね。

薬品と違って、優しいです
お子さんや アルコール過敏症の方は
水だけで作ってね。


2013.08.05 / Top↑


小指の爪ほどの雨蛙。
相変わらず、
ビス穴に溜まった朝露に
お尻を浸けて朝風呂タイム。


昨日のお昼、私達家族
山さとに帰って来た。
ところで今回は、
7割… 8割方?
ギックリ腰回復の
(…ということはまだ
2~3割ギックリ危険度を抱えたままの
とーさんを連れ…
物理的には 連れられ(腹立つわ

やっぱり
街のマンションで過ごすより
山懐にすっぽり抱かれたこの家が
きっと良くしてくれそうで
がんばって帰って来た。


酷いギックリだったけど
(とーさんはギックリと言うと必ず酷くなる)
この クソ暑い中 下半身を保温しまくり

おかげで、一日で歩けるようになり
痛みもずいぶん軽減した。

お! これはすぐに良くなりそう!
かに見えたのだけど…

ある程度まで
スピード回復できたものの…
そのあとがなかなか難しい

ちょうどダイエットみたいなもので
少しふっくらさんぐらいなら
早いのだけど
何年も 何十年もの
ベテランふっくらさんになると
これぞというダイエット法も
最初のうちだけで
あとはほとんど
平坦な道を行くかの如く
地道で辛い毎日が待っている。

どうやら今回のギックリ腰も
今までのギックリ腰も…
結局、かかる日数は同じなのかも知れない。

言い方を変えれば
時間でしか治せないものを
日にち薬と言うのかな。

…となると

痛みで動けないことも
本当は大切なことなのか知れない。
よく、
天が与えてくれた休みだと思って
と、お見舞いの言葉にあるけれど

若干、その言葉には
半ば諦めのニュアンスが隠れているが
実はもっと 真理をついた
自身のための
最も安全な状態を身体は作るのではないだろうか。

つい、迅速な回復を願うけれど
ギックリ腰のように
突発的に見えた病も
そこに行き着くまで
じわじわと傷めているからで

治癒には それと同様に
日にち薬が必要と言うことだったんだ。


それをまた
薬や注射で 抑えたり騙したりして
身体の自然な 治ろうとする力を待たずにいると

いつか必ず 大きなストレスに遭う。


痛みは 自分のためにやって来る。
痛みを大切に。
痛みは
もしかすると、
心の痛みかもしれないのだから。
2013.08.05 / Top↑