星降る山の麓から

『 鉄火味噌 』 なるものを作ってみました。



151009_174615.jpg


ごぼう
にんじん
れんこん

を、みじんに切って
胡麻油でよ~く炒め
豆味噌を加えて
さらに炒め
最後に生姜のみじん切りを足して
仕上げます。

私はゴマも入れてみました。

151009_183400.jpg




IMG_20151019.jpg
ごはんにゃ~~~~!! 


これ、マクロビの食べ物で、極陽性。
放射能まで体外に押し出す力があるそうです。

お味噌自体も、デトックス効果の優れもので
チェルノブイリ原発事故の時
日本から大量のお味噌が送られたそうですね。

お味噌は「陽」の食べ物ですが
そこに、この陽性の根っこ野菜が加わり
火を入れることで、うんと「陽」の力が増すのでしょう。

151010_112113.jpg





・・・・ ということまでは知っていて
作ったわけですが ・・・・ (; ̄ー ̄川


またまた、やっちまったのです~~~ (シ_ _)シ

どうしてこぉ、ちゃんと調べてからやらないのでしょうか~
見切り発進のこの性格・・・ (どげんすっと?)

本当の 「鉄火味噌」 というものは

これしきのみじん切りではなく・・・・
「 粉 」 と呼んでもいいほど、材料を細か~~~~く
超~みじんに みじんに ミジンコに 
切るのだそうです。  A ̄◇ ̄;) ひぇ~


そして、まず ごぼうから炒め・・・
ごぼうの甘~い香りがたってきたら
次ににんじんを入れて炒め
最後にれんこんを入れて炒め合わせるのです。



ひーはー ヽ(;▽;)ノ



・・・私は、全部いっしょくたに入れて炒めてしまいマスタ。(><)



そして全部に火が通り、しんなりしてきたら
材料を鍋全体に広げた中へ豆味噌を投入します。

そしてね、A ̄エ ̄;) ここからです。 
ここからが、鉄火味噌が \鉄火/ たる由縁と言いましょうか・・・

味噌を入れたら・・・ さ、さ、3時間  
じっくり  じっくり  とてつもなく  じっくり こんと 
炒めるのです。
3時間が無理なら、せめて2時間・・・・ 


ぜぃぜぃ ・・・


考えただけで息切れします。


野菜もお味噌も しっとりしながらも、ぱらぱらパウダー状になるまで
辛抱強く これでもかと 
いえいえ・・・  身体にいいもの作るときは
やさしく おだやかに ゆ~るりと
炒めていくのですね。

そうして最後に、生姜のミジンコ切りを加え
もう一度炒め合わせて
やっとこすっとこ 出来上がり A ̄▽ ̄;) 

となるのです。


無農薬の野菜を使うのはもちろんですが
できたら鉄鍋( or 鉄のフライパン)、または土鍋で
できたら電気の熱ではなく、直火で
そして、無農薬 三年物の味噌を使います。

こんなところが、マクロビは厳しいので
敬遠しがちだったのですが・・・・
昔々からある あたりまえの暮らし というのでしょうか
わかっていたことですが、今 あらたに
心と身体にしっくりと馴染む感覚が・・・ 嬉しいです。
( トシちゃうか。)


151019_162315.jpg
我が家の鉄のフライパンたち。
大きなフライパン2つは、私の嫁入り道具 (〃 ̄ω ̄〃ゞ
母が揃えてくれたものです。
三十ウン年^^;使っております。





面白いことに
この、「刻む」 という行為は 「陽」 の行為なんだって。
それから、「混ぜる」 という行為も。

行為にも 「陰と陽」 があるとは初めて知りました。
刻めば刻むほど、混ぜれば混ぜるほどに
陽の方向に進む ということで
超みじんに切って、3時間炒め混ぜることで
極、極、極陽性になっていきます。


体調が、どうしてもすぐれない方や 冷え性をなんとかしたい方は
この鉄火味噌を、毎日 スプーン1~2杯を食べるようにします。

え? スプーン1~2杯でいいの?

と思われると思いますが
いいのです。

この「極陽」の鉄火味噌、内在するエネルギーは
とんでもないものなので^^;
美味しいからって、ばくばく大食いしないようにしてネ。



そんなわけで
私が今回作ったのは、「鉄火味噌もどき」だったということが
あとになり、判明したのでした。。。。 A ̄エ ̄;)・゜゜・

ということは、これはただの「陽性」だろね^^;



しかし・・・ これだけ硬いもん刻んで混ぜたら
手首がクキクキ。 (><) イタイのなんの。

刻むくらいは、フードプロセッサーを使った方が安全かも^^;

健康のためなら死んでもいい!という方は、手作業で^^;
健康だけ欲しい! という方はお買い求め下さい^^ →




ところで

こないだから、陰だの 陽だの 言っていたら
友達から電話で
「あのさ~ こないだ 
 ある陰陽師さんのセミナーに行って来たのよ~」
と、このタイミングにびっくりぽん^^
(記事の「陰陽」と、「陰陽師」さんとは 何の関係もござんせんが^^;)
セミナー中、お客さんの中に突然、憑依された人が出て
その陰陽師さんが えいや! っと、払った現場も見たらしく
「なかなか かっこよかったわ~」 と。
なんかちょっと出来た話に YARASE? いやその・・・^^;
みたいな気も、半分しちゃうのですが・・・^^;
ま、、、まぁ、 よかったナ~ ということで。

てか、そんなセミナー 「よぉ行ったな」  Σ( ̄。 ̄ノ)ノ  と言いました。
友達は、「でしょ。ぷふふ^^」 と笑いました。

私の周りには、こういう友人がけっこう多いので^^; 
こんな会話もフツーに。 ぷふふ。




151018_082411.jpg
アレルギーですっかり薄毛になっていたピッコの毛も
少しずつ、元のように増えてきました。 (= ̄。 ̄=)ほ。






応援頂き、ありがとうございます。 (ッ_ _)ッ ♡ 


 


にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村


2015.10.17 / Top↑
IMG_20150904_1.jpg
カラーはうっとしいし、雨は降るし・・・
プーだパーだペーだ







と、そんなこんなの今日このごろ・・・・ ^^;

我が家では
とーちゃんファームのニンニクが
超~美味しくて


150904_185036.jpg


な、なんやねん
ボクの話はもう終わりかいな





来年はもっと収穫したいと
ニンニク玉をたんと買って来た。

今日は雨になると言うので
昨日は朝から、ニンニクの植え付け。
畑仕事に精出すとーちゃん。
畑日誌も2冊目に^^;(ごっつ真面目)


さて この辺り特産のニンニクに
「 ジャンボニンニク 」っていうのがあって
一玉の大きさが 男のゲンコツ大 くらい^^;


去年の夏、生協の「地元野菜」のコーナーを見たら
房からゴロゴロ外したのを売ってて
そんな大きなニンニクを見たのは初めてで
めちゃ美味しそうで
つい衝動買い。

まー美味しぃ♡

あのニンニク特有の、キツイ匂いはほとんど無くて
やさしくホワっとした香り。
普通、ニンニク料理を食べると、あとあと自分でも気になるんだけど
このジャンボニンニクは、けっこう食べすぎても大丈夫らしく
朝から食べる日もあるくらい^^;(コワイ?)

その地元野菜コーナーのニンニクを、数粒のこしておいて
去年、うちの畑に植えてみたのよね。

で、それがうまく育ち、3~4玉出来て
この夏は、美味しいニンニクをたくさん頂いた。

まだ冷蔵庫にいくつか残っていたものと
これも今年作の、普通サイズのニンニク
このまま冷蔵庫で保存していたら、しなびて枯らせてしまって
ゴミ箱行きになるのは目に見えてるから A ̄▽ ̄;)

よし! まだ生きてるうちに
塩漬けに挑戦しよー! とレシピを検索。
醤油漬けや味噌漬け、オイルや酢漬けも作ってたのに
なぜか塩漬けだけ未経験だった。

いつだったか、ニンニクの塩漬けが美味しいと聞いて
それはぜひ、チャレンジしたいと思ってたのよね。

それで昨日、作りました。
レシピは至ってカンタン!
メモっておきますね。 _〆(.. )




150905_170900.jpg


≪ ニンニクの塩漬けレシピ ≫

ニンニクは、小房にわけて薄皮を剥きます。

重さをはかったら

キレイに洗った大き目の瓶に入れ

塩をニンニクの20%(カビないギリギリの量だそうです)加え

酒はニンニクの倍量を注いで 出来上がり。

蓋をきっちり閉めて、冷暗所に置き

時々、瓶を振って塩を溶かして

2週間~1ヶ月で完成です。

途中、ニンニクや漬け汁が青緑色に変色することがあるそうです。

でもこれは、ニンニク中の鉄分が分解して出てくる色素だそうで

心配ご無用^^

漬け汁がこれまたイケるらしくて

いろんなお料理の隠し味に重宝するそうです。

※ あ、そーそー!

たまにガスが発生することあるとか。

そんな時は、蓋をあけてガス抜きして下さいませ。

ニンニクも人間も たまにはガス抜きが必要ね~ (* ̄(エ) ̄*) b




完成が楽しみです♪









IMG_20150902.jpg


あのにゃ
猫かて ガス抜きは必要なんやで


カブより





応援頂き、ありがとうございます。 (ッ_ _)ッ ♡ 


 


にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村



2015.09.06 / Top↑
実は今 ・・・ ♪

ちょっと酔っ払っていまする ♪

ヽ(▽^〃ヽ)ヽ(〃^▽^〃)ノ(ノ〃^▽)ノ
(酔うと昔から、ほがらかになるタイプ♪)


晩酌はいつも、ビールをコップ1杯(カワイイ♡)
今日もいつもと同じだったのですが

天ぷらで酔ってしまいまひた~~  ヽ( ̄_ ̄*)ノ♪


今日ね
お友達から、北海道のこごみをた~んと頂き
それがあまりに美味しそうで

いえね、お友達は
「植えるといいよ~^^」 と言って
わざわざ野生のこごみを根っこごと掘って
送ってくれたのですが

植える前に、ちょっと頂いちゃお~♪^^  と
2株ほど天ぷらにしたのよね。

ま~~!そのこごみの柔らかで甘いこと!
あんまり美味しくて
あっという間に頂いてしまいました。

さあ、明日は朝イチで植えようと思います。
山さとに、うまく根付いてくれますように
そして来年、山さとで沢山とれますように
お友達に感謝しつつ・・・


おっとっと A ̄◇ ̄;)ノ

そーだ、こごみのお話じゃなかったわ
天ぷらで酔っ払ったお話だったっス


こごみの天ぷらと
そうそうそれから、こないだ保存した筍も
かき揚げにするのもイイね!
と思ってね

150427_193420.jpg
(わお! なんかブレてる! やっぱ酔ってるし~^^;)


これね、裏のばあちゃん直伝

タケノコのホワイトリカー漬け! 

ばあちゃん曰く
タケノコは、ホワイトリカーに漬けて保存するのが
一番ラクで、失敗しない!
 とかで
「2年でも3年でももつで^^」 だそうでね

ちょ、ちょっと怖かったんだけど A ̄◇ ̄;)・゜゜・

チャレンジしてみた。


こないだとーちゃん、ばあちゃんに連れてって貰って
とーちゃん、\タケノコ掘り 初体験/

ばあちゃんちは、畑や田んぼばかりでなく
近くに山まで持ってて。
(でもとーちゃんのこと、タケノコ掘りも不器用で^^;
 ほとんどばあちゃんが掘ってくれたらしい・・・)

その日は8本も分けてもらって
うち2本はすぐに、実家のマミーに送り
残す6本を少し食べて、あとは保存した。

その保存方法が、このホワイトリカー漬け。

いつも通り、糠を入れてゆがき、冷ましたたあと
よく洗って適当な大きさに切り
(少し、水で晒しました。)
ざるに揚げて水気をよく切ったら
保存瓶に出来るだけ隙間なく詰め
上からホワイトリカーを注ぎます。
タケノコが飛び出さないように
未晒しのキッチンペーパーで落とし蓋をして
瓶の蓋を閉め、出来上がり。


食べるときは、たっぷりの湯で茹でて水に晒す。。。

って、ばあちゃんから聞いたんだけど・・・

さ~ やってみたらあ~た ヾ(--;)

なんのなんの、
超~ホワイトリカー味のタケノコじゃん!p(>w<)q

慌てて、パソコンで検索!
そしたらなんと、10日は水に晒す・・・って~~!!
えーーー!? うっそー!
それならばあちゃん、そう言ってくれるはず!

で、もう一度、調べてみたら・・・

あったあった!
「半日~一日くらい水に晒す」 らしい。

よく読むと、10日晒す方は
生のタケノコをホワイトリカー漬けにしたもののようだ。

今から半日は無理だけど(ほんとにもー、事前にちゃんと調べてよね~)
二度もお湯を変えて茹でて、流水で晒したんだからイケルよね!?
それに天ぷらだしね^^; (根拠はナニ?)

だって、熱い油の中で、アルコール分が揮発して
だからね^^; ダイジョウブになるんじゃな~い?

みたいな・・・

A ̄▽ ̄;)・゜゜・

相変わらず、え~~加減なワタシ~

それで、揚げちまったのさ~ 

天ぷら v ̄▽ ̄;)・゜゜・




140720_080831.jpg
オラ 知らね~






結果 ・・・・・

ちょっと酔っ払っているのでありまする^^




ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪





2015.05.09 / Top↑
山菜の季節に

も~ええ!  \(><)/ 


っちゅーくらい山菜尽くしの山さとに越して来て
今、その山菜メニューに大わらわ。

そんな中、ちょっとした失敗もあったりして
ここらで一度、まとめておこうと思って。





「 わらびの灰汁抜き 」

150411_111259.jpg

向いのばあちゃんが、朝の散歩の途中
摘んで来た と言って
ぎょ~~さん(たくさん^^) 
わらびをくれた!

摘みたて、新鮮なうちに!
と、急いで検索。


わらびは、さっと洗ったら、バットか鍋に並べ
上から木灰(または重曹)をふりかけて
(木灰の場合、ガーゼなどに包んで・・・ とあったが
 そのままでも、洗えばすぐ落ちるのでOK)
わらびがすっぽりかぶるくらい
上から熱湯をかける。

わらびが熱湯から出ないように
キッチンペーパーなどで落し蓋をし

150411_130014.jpg

そのまま7~8時間置いて冷ます。

その後、流水でしばらく晒すか
何度か水をかえて
アク抜きする。

150412_102242.jpg

すると、こ~んなに鮮やかでキレイに仕上がる。

これは、歯ざわりもシャキシャキしていて
超~美味しい!

でも A ̄▽ ̄;)・゜゜・ ここだけのハナシ
このわらびを頂く前に、近所の青空市でわらびを見つけ
大喜びでゆがいて大失敗!
灰汁抜きの、もう一つの方法は
鍋で木灰と一緒にゆがく方法なんだけど
この茹で時間が、め~っちゃ難しい!!
よほど、さっとゆがかないとダメだったらしく
茹で時間が長すぎたのと、
鍋が大きすぎてお湯がなかなか冷めなかった
(やはり、冷めるまでそのまま置いておくので)
のが原因・・・
だと思う。 (シ_ _)シ
ズルズルになってしまった。。。。 (≧へ≦)・゜゜・

教訓! わらびは茹でずに、熱湯をかけて!






「 茹でタケノコの保存 」


これこれ。 これが作りたかったの。
いつも、春にはこうして新鮮掘りたてを
自分で茹でて食べられるけど
普段、炒め物とか、お正月のお煮しめなど
そんな時は、市販の茹で筍を使うばかりで

山さとに越して来たら
この美味しい~「山さと産」の筍を
なんとか保存して
どうしても、それを使いたい!
と、思ってたのよね^^

で、チャレンジしてみました。 (* ̄▽ ̄*) v

筍は、いつも通り、穂先をカットしてゆがいたら
(我が家は、母直伝の材料
 米糠
 酢
 鷹の爪 を入れ
 そこへ私流のアイテム、岩塩を少々入れて茹でます)

落し蓋をして1時間ほど茹でたら火を止め
そのまま完全に冷まし・・・

さ~ そこからです。

保存用の筍は、30分以上、水に晒します!


150418_153031.jpg

ここは、超~重要ポイント!
これを忘れると、楽しみに蓋を開けても
えぐくて食べられない (|||_|||)ガーン!
ってことに!!




昨日は、切ってから晒したけど
ゆがいた後、皮をむいて、大きいまま晒してもいいみたい。
香りよくするには、こっちかな。

瓶はきれいに洗い
そこにカットした筍を、極力、隙間なく詰め
口まで水を差します。

瓶がきっちり入る鍋を用意して
筍を詰めた瓶を並べ
隙間に蓋も入れて
やかんで水を入れます。

火にかけます。

150418_134744.jpg

ネットで調べた作り方は、先に蓋を軽くしめておく方法でしたが
そうすると、湯煎にしているうちに、瓶の中の水が溢れて ヽ( ̄▽ ̄ヽ;)゜・。

出来上がりの状態の時
瓶には出来るだけ空気が入らない方がいいので
あとから蓋をした方がいいみたい・・・・ に思う。

30分ほど湯煎にしたら、蓋を取り出し、瓶に蓋を閉じて
ヤケドに注意しながら瓶を取り出して
もう一度、しっかり蓋を閉め
今度は、逆さにしてもう一度、湯煎にします。

このあとも、「30分湯煎」と書いてありましたが
あまり温めると筍に歯ごたえがなくなりそうで
10分にしておきました。

鍋から逆さにした状態のまま取り出したら
そのまま置いて、自然に冷まします。

150418_170313.jpg

昨日は、大きな筍(街なら1000円くらいのもの)2本分
ジャムや蜂蜜の空き瓶5つ分、作りました。
(筍シーズンのうちに、あと10瓶は作りたいかな~^^
 これも、山さとならでは出来ることだね。
 ここらは、1000円級の筍が300円くらい^^
 ありがたい~~)


完全に冷めたら
ほら、このように・・・

150419_080323.jpg

蓋がすこ~し、凹んでるのがわかりますか~^^;

こうなると、大丈夫!(* ̄(エ) ̄*) v
しっかり閉まって、保存に充分です。
たぶん1年くらい常温保存できるはず。

日付を書いたラベルを貼って出来上がり~!
※日付の他に、買ったお店の名前と、値段も記入。


さ~ どうかな~
うまく出来てるかな~~ (^σ¬^)
楽しみ~♪





ここんとこの、山菜メニュー A ̄▽ ̄;)・゜゜・

150412_205701.jpg
わらびのお浸し

150418_203850.jpg
わらびの天ぷら

150418_203911.jpg
筍と赤ウドの天ぷら


梅酢を天つゆに混ぜて頂きました。 
( ̄人 ̄) ご馳走さまでした。

山の神様 ありがとう~

2015.04.19 / Top↑
150330_113504.jpg

そろそろ、梅の花も終わりかな~・・・

満開の頃のアップが遅れて A ̄▽ ̄;)・゜゜・
つい、こないだの記事で出したところだったけど

けっこう強い春の風に
見るとガクのところから散り始めている。



とーさんの畑の忘れ物。
収穫の時期を逃した蕪です。

150330_113536.jpg


「蕪」といっても
ピンポン玉くらいの大きさのが圧倒的で A ̄◇ ̄;)
少し大きくなって、私の握りこぶし大。
それ以上育ってくれたのは、ほとんどないんダス。

ほれ、うちのとーちゃん
「間引き」 が出来ないでしょ・・・ 
だから、ヘタな鉄砲も・・・ じゃないけど
数だけは、ちっこ~いのがわんさかあるのよね。
A ̄_ ̄;)・゜゜・

そんなわけで、収穫してくれたら大変なんです。 洗うのが。
葉っぱも多くて。 ( ̄_ ̄|||)・゜゜・

それでつい、また今度とってきてね~
なんて言ってる間に、時期を逃してしまって・・・・

そ、それでも、
沢山食べたんよ~~~~
味は、とっても美味しいから^^



その、もう固くなって、スジスジになった蕪を
全部抜いて来てもらって
やっぱり勿体なくて
こうして、バケツに挿して、蕾や花や
柔らかな葉っぱを頂いています。


150330_113636.jpg  150330_202930.jpg



昨夜は、イタリアンにしてみましたよ~^^



150330_204519.jpg


フレッシュトマトとオリーブオイル
ニンニクとベーコンでソースを作って
そこに蕪の花と葉っぱを♪

蕪の花のイタリアンは
とーちゃんに、大好評でした。

あ~ ヨカッタ ♡
これでとーちゃんの蕪も
最後まで、充分役に立ち カブが上がった。


150119_085630.jpg

ワシが上がったやて?


2015.03.31 / Top↑
とーちゃんの畑に、土筆がいっぱいだというので

\ わ~~い! 取って来て~~!! /


と、頼んだら


150329_152420.jpg



   \(= ̄∇ ̄=)/  どわっ





うちのとーちゃんは、あまり加減がわからない。



ウソだと思うかもしれないけれど

こないだも、

「2円切手を10枚ほど買って来て~」

って頼んだら


150212_150307.jpg


ごご、50枚っ  


買ってきたっっっ




おっさん、アホやろ



・・・・と、突っ込みたいところ、ぐっと我慢。 (≧へ≦)・゜゜・


理由 「安かったから」。    


ますますアホか  ε-(;ーωーA  …



とーちゃんの、こういう 余りある奉仕の精神?
っていうのか・・・ A ̄エ ̄;)
旺盛な?親切心?っていうのか

有難迷わ・・・・  いやその・・・・  (; ̄ー ̄A アセアセ・・・



まーとにかく、昨日はそれから夕方までかかって
土筆のハカマ取りに勤しんだ。
もちろん、とーちゃんにも手伝わせて。
(こういうことを嫌がらず手伝ってくれるのは有り難いんだけどね)

150329_170651.jpg


ハカマを取っても、まだこんなにてんこ盛り。

何にしようかな~・・・ と思ったけど
やっぱり、土筆と言えば必ず作る、炒め煮にしました。

我が家の土筆の炒め煮は
さっと洗った土筆を、ピュアオリーブオイルで炒め
そこへ日本酒少し垂らして
薄口醤油で味付け。
最後に、アク止めに「梅酢」を少々
土筆の量にもよるけれど
2~3分クツクツ煮て
で、出来上がり。

150329_185326.jpg

昔から自己流で、アクの強いものに
こうして梅酢を使って来たんだけど
どうやら、この方法 
マクロビオティック(正食)の調理法らしい。

梅酢でアク止めをすると、日にちが経っても
ちっとも黒ずまない。
その上、とても美味しくなるので
梅干しを漬けたら、梅酢は大事にとって置き
なくなったら、買い足して置いてます。


この日は、畑の忘れ物^^
収穫しそこなって、そのままになっていた白菜の花も
お浸しにして頂きました~♪

150329_200515.jpg

白菜のお花が、こんなに美味しいとは!
菜の花みたいでしょ^^
でも、菜の花と違い、苦くないので
いくらでも食べられます。

その前の日は、蕪の花も頂きました。
これもまた、甘くオツなお味で、超~イケましたよ♪

ということは、なんだかんだ言っても

やっぱりとーちゃんに感謝ですね。

いや ほんまに。


これからしばらく、春の恵みに 楽しみが増えますね~ 


春ととーちゃん ありがと~~ (* ̄∇ ̄)ノ


2015.03.30 / Top↑
こんにちハ~

って、もうそろそろ こんばんは~ だけど(^^)

先日の記事、ベジブロススープですが
あれから順調に続いていて
スープをとったのも、もう5回目?になりました。



150211_094026.jpg
2回目のこの日は、塩蔵蕗のスジが沢山あったので^^;





150228_102832.jpg
3回目。 セロリの葉っぱがオシャレ(?)
このスープは、その時その時の野菜クズで味が変わり
楽しいです♪





150226_094509.jpg
4回目、ちょっと炊いてるところです。
少しアクが出ますが、捨てるところだらけのわりに
思っているほどアクが出ないのが不思議~
注・そうそう、この回は、ちょっと失敗しましたよ~ A ̄◇ ̄;)
  玉葱の皮は、入れすぎると渋み・えぐみが強いようです。
  一回分に、一個分がいいかな~





DVC00600.jpg
5回目~^^
とーちゃんの畑の蕪が、まだ沢山土の中に残っていたので
蕪の根っこが一杯です。





・・・実は、うちのとーちゃん、野菜にも過保護 (・´з`・)
ほんとはもっと、間引きしなくちゃいけないのに、可哀想で出来ない~~~

おかげで、大根も人参も、ほうれん草も、蕪も・・・
大きく育てず ちっこいまま のが わんさか。 (/o<) ゜。

オイシイからいいんだけどネ^^
でも、洗うのが大変だから・・・ 
とーちゃん^^ こんどから頑張って間引いてネ^^;



このベジブロス、慣れると野菜クズも上手に溜められ
2~3日にいっぺんは、とれるようになりました。
スープは一度とると、少しずつ毎日使います。

滋味あふれる、味わい深いスープですが
しっかりと濃い中身で、水でうすめて利用しても
充分美味しいんです。

それでね、毎日スープをとることができなくても
毎日、いただけるんですよ(^^)

お味噌汁はもちろん
シチューやカレー、和風の煮物も
鍋でさえ、美味しくなります。
ベジブロスで湯豆腐したら、翌日のおじやが超~美味しかった♡


これは、はまってしまいます。



ところで。

最近ね
鏡の前を通って、あれ? と気づくと
なんだか顔が\つるぴか/なんですよ。
(じーちゃんの頭でなくて・・・)
鏡の前を通りすぎようとして・・・

え?

なんて、振り返るぐらいで。。。

お肌のハリも、ぴ~んと。 (うそちゃうで)
リフトアップ・・・ まではいかないかもしれないけど
でも、確かに、ハリ・ツヤが半端ない。

まさかね (= ̄∇ ̄=)・゜゜・
ベジブロス?  じゃないよね・・・・?
まだ、ついこないだ始めたばっかだもんね。

んなあほな。 ね^^;

そうは思いながら
はやる気持ちで検索すると^^

あ~た、ヾ(・∀・`*)ノ

ベジブロススープで美肌になった人の感想が次々と!
美肌嫁のダンナまで、コメント出してる。
「妻の顔がつやつや! シワがなくなってる!」 だって。

えええ~~~~!?

じゃ、じゃあ ・・・ もしかして この つるぴか って・・・
ベジブロス~のせい~~???

まだわかりません。
また、報告いたします。
どうか皆さま、お待ちくださいませね。








blog-3-1.jpg




2015.03.01 / Top↑
150208_112514.jpg



更新早々  \生ゴミじゃん!!/

と思われても仕方のない写真ですが~ A ̄_ ̄;)

これね、スープなの。
っていうか・・・ スープの材料 ね。

どう見ても、生ゴミにしか見えないんだけど

ご存知の方もおられると思います。
『 ベジブロススープ 』
と申します。

 またまたぁ~~  ゞ( ̄||)
 アンタってば また何か懲りだしたのね~  

ハイ。 そーなんです。 (=^^=)v
前からね、聞いたことはあったんだけど
知らなかった。
チャレンジしたことなかったんです。

先日、畑の先輩でもある友達が
土づくりのための①「ぼかし」っていうのを
野菜と一緒に送ってくれたんだけど
その中に、興味深~~いプリントが!

ま~これまた私の大好きな方向のもので^^;

・・・ そもそも
その「ぼかし」を使って土づくり・畑づくりをすると
「虫喰いや病気もしない元気な美味しい野菜が作れる」 という
佐世保の ②吉田俊道さん という方の講演に
その友達が行ったことがきっかけで
「半信半疑ながら、やってみようと思うんだけどaccoもせんかぃ?
 興味あるなら、ぼかし送ります。」
と言って先にメールが届き、
じゃ うちも、いっちょやってみるべ!? となり
送ってくれたのよね。

生ゴミを堆肥にして、肥料に使う・・という方法で
生ゴミを腐らせず上手に発酵させて肥料にし
素晴らしい土を作ると、自ずと、そこから生まれる野菜も素晴らしい・・・

ということなんだと思うんだけど (これでほんまに合ぉてるかな?^^;)

とにかく! まずは実践・実験じゃ!
とばかりに、とーちゃんと始めたのです。

・・・・・ あり? (''_''?)...ン?
こ・・・ これは? 畑の話よね A ̄エ ̄;)・゜゜・
 
畑は、まずはとーちゃんの管轄で^^;

でもとにかく、この吉田俊道さんのプリントは超~面白くて
私のツボにはまったのです。

いつかこちらで是非ぜひ、アップしたいと思っています^^



でね、最初のスープの話に戻りますが A ̄▽ ̄;)
この 『 ベジブロス 』 とは

 ベジは Vegetable(野菜) だよね
 ブロスは Broth(ダシ) のことで

な~んだ~^^; 野菜スープか~  ということになるんだけど

ここでいうベジブロスって、「野菜クズのお出汁」のことなのよね。
皮や芯や、外葉や根っこ、種までもスープに使っちゃうんです。

普段、捨てるところにこそ
野菜のミネラルだの濃い栄養がぎゅぎゅーっと詰まっている。
毎日、捨てているところこそが、宝というわけですね^^

そういえば、漢方の食養生でも
例えば魚の皮やヒレ、骨、目玉などは金。
身は銅とか、毒とさえ言うようですから。
毒ではなくても、野菜でも魚でも、同じなのね~


以前から、野菜の皮は使いたくて
じゃが芋や人参、大根の皮できんぴらを作ったり
かき揚げにしてみたり。。。
それもとても美味しいんだけど、ずっととなると
これがなかなか継続しにくく・・・

などと (´・_・`) 
長々と私が説明するより、そのプリントから
スープについて書かれているところを移してみますね。

・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ 

『 ダシの作り方と効用について  ③NPO法人大地といのちの会 

ところで、微量ミネラルは海が最高ですが
ビタミンや④ファイトケミカル類は陸上の野菜の方が
紫外線等の強烈な環境に耐えるために多く含みます。
特に野菜の皮や芯のところに濃縮しています。
そこで、海と陸から生命の源を集めた
「ベジブロススープ」を日々の食事に導入して欲しいのです。

作り方
・野菜の皮、ヘタ、芯、タネなどの調理くずこそ
ビタミン・ミネラル・ファイトケミカルが集中している部分です。
両手一杯集まったら約1.3ℓの水に入れ、
アゴ、イリコ、昆布の粉末を入れ、酒小さじ1を加え、火をつけます。
※傷や変色した部分は使わない。 古じゃがの皮は使わない。
※スイカやかぼちゃの種も使う場合はつぶす。
・沸騰したら極弱火にして30分程度煮る。
・これをザルで濾す。 冷蔵して3日で使い切る。または冷凍。

効果
・免疫力増強(白血球が4割増加)
・ファイトケミカルは野菜の持つ活性酸素消去物質で
 老化やがん予防などの効果があるが、野菜を煮出すことで
 生の10~100倍も吸収率が上がる。
・ベジブロススープを食事の最初に飲むと水溶性食物繊維の効果で
 血糖値が安定し、糖尿病予防になる。 』

・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ 

これは面白い!
やっぱり、チャレンジしなくっちゃ!

と、始めてみたんです^^;

ところがどっこい
街にいるころなら、野菜の皮などすぐに溜まるのに
こちらでは農家のご近所さんや
とーちゃんの畑のおかげで
皮ごと、しっぽごと、根っこごと食べることが増え
野菜くずが ほとんど出ないではあ~りませんか。

でも、なんとか溜めて
上の写真くらい、集めて作ってみたんです。
あ、その間に、イリコと干しシイタケ・昆布をミルにかけて
自家製ダシも作りました。
アゴが近所に売ってなかったので
イリコだけですが、干しシイタケも入れたらいいかと思って
プリントには書いてなかったけど入れました。
昆布は細く切ったものを買ってミルにかけると楽にできました。
鰹節なんかも入れると美味しいかもしれないけど
とりあえずは、この三品で。

上の生ゴミのような
(いえ、ハッキリ言って、今まで生ゴミでした!)A ̄_ ̄;)・゜゜・
野菜クズは・・・
 大根のしっぽとヘタ
 玉ねぎの皮とヘタ
 ニンニクの皮
 シロナの根っこ
 エノキの軸
 シイタケの軸(硬いところ)
 長ネギの青いところと根っこ
 生姜の皮
 人参のヘタ
 ブロッコリーの軸と葉
 春菊の根元
 サツマイモのヘタ
 塩蔵山蕗のスジ
 ・・・・等々
憶えているものだけ、並べてみました。
これだけ集めるのに、3~4日かかったと思います。

これを30分、煮ればいいだけなので簡単なんですが
いやはや 大変なのは ゴミだったものを洗う作業なのです。
捨てるなら、洗わなくていいものを
一つ一つ、タワシで丁寧に洗う(捨てているところって、しっかり土がついてる^^;)
・・・って、けっこう根気いる~~

それでも、やってみたい私。


150208_124012.jpg

スープはこんな感じですが
う~~~ん・・・
なんとな~く、やっぱり野菜の土っぽい香り・・っていうのか
青っぽい、濃い感じなんですが
でも、それはそれでなかなか美味しい。
手づくりイリコ出汁も効いてます。

朝は、このスープにお味噌をとかし
具がなくてもいいんじゃないかとさえ思います。

この間は、このベジブロスに、普通に野菜を足してスープにし
翌朝、残ったものをミキサーにかけミルクでのばして
ポタージュにしました。

150209_103222.jpg

野菜のポタージュは、よく作り
とくに、家族に病人がでたときの我が家の必殺のスープですが^^;
これぞ、起死回生の 「救いのスープ」 と言えるように思いました。


考えてみたら
野菜クズって、特別にこうしてスープにしなくても
普段から、皮もヘタも根っこだって
使ってしまえばいいわけで
ただ、青くさいとか、硬いとか、土っぽいとか
だから捨てるものだと思い込んでいて

あとは農薬・・・
これが皮を遠ざける一番の理由になっていたんだけど
畑をするようになって、野菜との付き合いが変わってくると
ちょっと違う気づきっていうのか
野菜の見方が変わったのよね。

スーパーの野菜って硬いけど
あれは土を早く洗い落としてしまうからと
あとは、農薬のせいだと思って
今まで皮ごと食べるのは敬遠してしまって。

でも、もしかすると
農薬から身を守るために
野菜自身が硬くなろうとしているのでは?
と思い始めたのよね。
だから皮とかは一番、頑丈な部位で

それでもやっぱり、できれば皮は食べない方が
農薬摂取量が減るのかもしれないけど

でも
でもね、もしかすると
野菜はそんなバカじゃない^^;
・・・ヤワじゃないかもしれない。
皮にはちゃんと、体内毒素を出すためのものも備わっていて
大丈夫なのかもしれない。
いやそれどころか、食べたほうがいいのかも。。。。

なんて、思い始めて・・・・

皮も実も 感謝して頂く

いのちは まるごとで いのち。

いのちを 感謝して頂く。

何がどこによくて 何が何に効くか

そんなことではなくて

いのちは み~んな 私の(次の)いのちになる。


そういうことなんじゃないかなぁ。。。。



このベジブロス生活

ちょっと続けていこうと思っています。

いつか何か、キラっと気づきが見えてきたら

ご報告しますネ^^



2015.02.14 / Top↑
一泊は、やっぱりあっと言う間だな~

それでも、一日目は昼間に着いた分

少しはゆっくり出来たかな・・? と思うけど。





いつも、昼間に出かけるときは

たいがい、お弁当を持って。

車の中や、パーキングでお昼。


今回は、お肉と蒟蒻の甘辛煮と玉子焼き、

菜の花の煮浸しも朝からさっと炊いて

ご飯だけ炊く時間がなくて、パーキングでおにぎりを買う。

おにぎりだけ残念だったけど

かんたんでも、こんな家のお弁当がほっとする。

ガメどんと二人、車でランチタイム。

ふと、隣の車でも

4~50代くらいの夫婦が、お昼を食べていた^^



夜の献立には

豚汁をしようと思い、野菜や蒟蒻(お昼の残り^^;)など

家にあるものを、ざざっと見繕い

足りないものは、ガメどんに

近くの青空市まで買い物を頼む。


途中、ガメどんから電話。

「かあさん ツクシがあるよ~」

わ♪ 嬉しい♪

ツクシなど、この辺で探せば、いくらでも採れるんだろうね。

けど、今日は時間ももう遅いし・・「じゃあ、買ってきて~」


都会で売ってるツクシを想って頼んだら

まあ~ なんと立派なツクシが一杯!!


120407_183855.jpg

ガメどんと二人、せっせとハカマを剥く。


持って来た献立にプラス、ツクシの佃煮。

佃煮と言っても、油で炒めたあと、さっとお醤油とお酒で煮るだけの

かんたん佃煮だけど。


うちの子が小さかったころ、近くの原っぱで

よく採ってきて、そのたびに作ったレシピ。

と言っても、ほんの10本、20本・・・

小さな手に握った可愛いツクシを見ると

どんな小さいものも無駄にすまいと

必ず、その日の食卓にのせたものだった。


そんなことも思い出しながら・・・・

120407_194750.jpg


たっぷりの、ツクシの佃煮の出来上がり^^


この日の献立です。

120407_202616.jpg


豚汁 ツクシ ハタハタの干物 冷や奴

なかなかヘルシーに出来ました。
















翌朝、目が覚めると

窓一杯、朝の日の光の中に、満開の梅が浮かび上がっていた。


120408_080837.jpg


山の向こう側から、朝日が昇る。

ガメどんは、まだイビキをかいている。

疲れているんだろうと思いながら

けど、やっぱり、起こそう!!


山さとへ来ると、いつもこう。

休みには、街では昼近くまで寝ているガメどんも

こちらでは、早起きで

そして、焚き木を作ったり、庭掃除をしたり

身体がよく動く。 (*^_^*)v



朝日があんまりあったかで


よし!

ここで朝ごはんにしよう!!



来るたびに、雨の日以外

コーヒータイムを楽しんでいたけれど

初ご飯^^

満開の梅の下で 鶯の声を聴きながら・・・


120408_084828_convert_20120409170200.jpg


ガメどん実写版。 A ̄▽ ̄;) ・゜゜・ ちっこ~く。。。







120408_084815.jpg



お花見モーニング^^ 献立は


えんどう豆のスクランブルエッグ

前の晩の豚汁も、コショウを利かせてスープ風に^^;

こないだ炊いた苺ジャムを添え

ガメどんはコーヒー 私は紅茶で。





ああ これからは、季節も一番いい時だね。

来週まで、梅がまだあるといいな~。。。


でも、実がなりだす頃もまた、楽しみです。




こうして、私たちの休日は過ぎ

今日、ガメどんはまた、めまぐるしい街の仕事に戻りました。

引っ越すまで、まだだいぶあるけれど

ガメどんが元気でいてくれるよう

少しでも、山さとの時間を大切に 楽しんで過ごそうね。





120408_181248.jpg



帰り道に見た飛行機雲。

電線を横切って、真っ直ぐに伸びて行きました。

家が近づくにつれ、マンションやビルが立ち並びます。

街の暮らしは、空をもこうして直線に

四角四角に区切って・・・


それでも、四角い谷間から日は昇り

雲は浮かんで

桜は満開でした。

がんばれ~~

みんながんばれ~~



なんだかそんな気持ちになって

帰ってきました。

ただいま 街のおうち。

2012.04.09 / Top↑
今日はまた
山里に帰って来ました。
 
先週より うんと秋も深まり
山の麓は冬色に染まり始めて
私達を迎えてくれました。
 
 
我が家への道すがら
朝市に立ち寄り
地元のお野菜を買い
晩御飯の支度です。
 
 

moblog_ac20443d.jpg

 
根野菜の塩スープ
お野菜から 優しい味が染み出て
味つけは塩コショウのみ。
 
 
 
 
ガメどんは
薪ストーブの番に余念がありません。
 

moblog_c485559a.jpg

 
火遊びしてたら
オネショするよ 
 
 
 
 
2011.11.20 / Top↑
moblog_747153b6.jpg




かわいい人参。
山里の農家の方が丹精されたもの。
近所のお店
…ちょっと『道の駅』風…
の朝市で。

これだけで 100円。
他に、玉葱も3個入って100円。
…嬉しいけど、申し訳ないなぁ。

昨晩はここに
お隣りから頂いた
ジャガ芋と
我が家の庭の、鈴なり?(笑)の
月桂樹の葉も使い
山里で初めてのカレー。

いつもと同じ作り方なのに
不思議。 優しい味。





今朝
新しいデッキに、小さなお客さんが。
風のように私の視界を横切っていった。





誰だったのかな?




2011.11.14 / Top↑