星降る山の麓から

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ちょうど先週の木曜日、
我が家は味噌仕込みDayでした。

カブがいなくなって
なんかそんな気にもなれなくて
今年はお味噌づくり、お休みしようか・・・ とも
ちょっと 心をよぎったのだけど

いやいや
カブがいた時と同じよ~に
やっぱり作りましょ と腰を上げました^^

とーちゃんファームのお豆さんもたくさん
出来ているのだから
ね。^^

 

◇ とーちゃん作 2015年 お豆表 ◇

◇青豆   6820g
◇黒豆   2850g
◇小豆   1080g
◇大豆    836g

何故か、大豆の出来がよくなかった。
去年の秋~冬にかけて
暖冬で、おまけに雨が多くて
たぶん、豆さん作りには、適してなかったと思う。
湿気で、カビ+虫と、大奮闘だった。

それでもなんとか、こんなに沢山穫れて
今年のお味噌作りは、豆さんを買わずに済んだのだから
とーちゃんに大感謝やね。


2010年から始めた味噌作り。
一度始めると、その美味しさからやめられない。
お味噌が生きてる・・・ と
食べるたびに実感して、今日に至る^^;


2010年から・・・ というと
今年は7回目の味噌づくり・・・ という計算なんだけど
実は、こちらへ越して来た2014年秋に
お隣の農家のおばあちゃんから
「味噌でも作るか?」 と、黒豆をどっさり頂き
その時に黒豆味噌を一度作って8回。(;^_^A

そして去年 初秋に一度
初めてのチャレンジ (*^_^*)♪
豆味噌(赤だし味噌)を仕込んだのよね。
これは、出来上がりまで2年かかる味噌で
完成は \来年の秋/  ひぇ~
赤だし大好きな私は、超~~楽しみだけど
出来上がるまで死なれへんで^^;

というわけで、味噌づくり9回目の今年です。

青豆味噌、出来上がりは 約16㎏ のお味噌になります。



では、今年の味噌作りの記録(備忘録^^;)を兼ねて
我が家の味噌作り風景をお届け致しますね~

今年は、先の日記にも書いた通り
初めて「自然栽培の玄米糀(麹)」なるものを購入したよ。



160218_11270.jpg
「農薬、肥料を使わずに栽培したお米に、大正・昭和・平成と三世代に渡って
 自社味噌蔵に住みついている麹菌を自家採取し、米麹にしました。
 純粋培養していない天然界に存在しているありのままの菌を利用しています」
なんやて^^  すごっ


これまでは、「無農薬の白米生糀」を使ってたんだけど
マクロビの味噌専門店で、たまたま見つけ・・・
自然派・・ とまでは言い切れない、ゆる~い自然派の我が家やけど^^;
できる範囲で、いいものを選びたいもんね。

この玄米糀6㎏に、塩2㎏を混ぜます。(塩切り)

160218_112744_20160226114956f91.jpg
今年は、モンゴルの天日湖塩。 
ヒマラヤの伏流水で溶かし出された岩塩が
再結晶したものを、そのまま採取、未精製の粗塩。

数年前から、岩塩で味噌づくりを始めました。 
※余談^^ 陸の塩は腎臓を硬くしにくいんだヨ~♪


塩切りしておくと、ちょっと日持ちする^^;
とにかく、初回、失敗したもんね~

160218_115339.jpg
塩切りした糀。 こうして冷蔵庫へ。


さあ 肝心のお豆さんは・・・
大豆が不作だったので、今年は青豆さんで。
お隣のおばあちゃん曰く、青豆味噌は買えばちょっと高価なそうな。
へ~~ 楽しみが増えました♪

前日の朝から水に浸し・・・
(味噌屋さんのレシピによると、前々日からがいいらしいけど
 水も少し傷むし、今年はお豆が新しいので、前日で充分^^)

160218_110244.jpg

味噌作り用に買った、まるで給食鍋のような大鍋に
青豆4㎏を入れ、水を張る。

一晩 浸水したまま寝かせて
翌日は、朝から煮る。
この給食用?の大鍋でコトコト4時間くらいかける。


160219_091233.jpg
窓辺の豆煮風景^^


160219_091146.jpg
泡雪のようなアクがどんどん浮いてきて、しばしアク掬いに忙しい。



アクが少なくなったら、弱火にして、あとはコトコトコトコト。
途中、様子を見て差し水します。
この給食鍋は、水量も充分なので、その必要がなくて安心~♡
(この鍋を買うまでタイヘンだったワ^^;)

160219_091610.jpg
我が家の味噌ヘルパー。
アクを掬ってくれているのかと思いきや、なんのなんの 豆さんの味見。
(ところで・・・ なんで腹出してるんや?)



160219_135415.jpg
豆さんが煮えたら、つぶしの作業。
味噌ヘルパーの出番。 我が家はマッシャーを使い、人力で^^;
機械と違い、ところどころに豆が残るけど、それもご愛嬌^^?
煮汁を加えて硬さを見ながらつぶします。



160219_133629.jpg
つぶした豆さんと、塩切りした糀を混ぜて・・・


160219_142506.jpg
あとはソフトボールくらいの大きさにまるめ

160219_142453.jpg
空気を抜きながら、容器に投げつけるように詰め


おっと、その前に、容器の底には ほんのちょっと
去年のお味噌をスターターに入れておく。

160219_135449.jpg


味噌種が詰め終わったら、てっぺんを山型に形成し
初めの頃は、平らにしてたんだけど、
味噌って、山型に盛るのがいいんだそうな。

キッチンペーパーを 隙間なくぴっちり被せて
上からカビ防止のホワイトリカーを霧吹きでたっぷり掛ける。
最初、塩を振ってラップをしてみたけど、けっこうカビた^^;
「ラップ」という質が、汚れなどを寄せ付けたり
味噌という、極々自然のものと合わないと見た。
で、色々試すうち、この方法に。 出来れば未晒しのペーパーがいい。

160219_154242.jpg
ホワイトリカーを含んだペーパーが乾燥しないように、容器の口にラップ。
ここではラップが重宝です^^



160225_155523.jpg
蓋をして、作成年月日と材料表を記し 
今年の味噌仕込み第一弾、終了~ A ̄▽ ̄;)・゜゜・
暗く涼しいところで、秋までねんねんよ~♪





そう
今年はまた、これから黒豆味噌も仕込む予定。
只今、鋭気を養い中・・・・  



去年、一昨年と続けて、味噌づくりの写真は撮りながら
ブログアップできてないのが残念。
カブがピッコと、周りでうろちょろしてたのにな~・・・・

でも、、、
味噌作りして、ちょっと元気になりました。
お豆さんや、糀や、自然塩のエネルギーかな~

今日もまた 冬みたいに寒いけど
庭の梅の蕾が、ちらりほらり 咲き始めました。
我が家にこんな
悲しいことがあっても
花は咲いてくれるんですね・・・
自然 って すごいな~ ありがたいな~



2010年からの味噌づくりの様子です。 
漫画?^^;入りで、書いております。
ご興味ありましたら、どうぞお寄りください^^


ありがとうございます








スポンサーサイト
2016.02.25 / Top↑
珍しく 今日は2本目の記事を。


先週のちょうど日曜日。

山さとに、初めて

じーちゃんばーちゃん(とーちゃんの両親)を招待した。


150322_115217.jpg


今年、卒寿を迎えたじーちゃんと

それより1つ年下のばーちゃん。

私たちが山さとに越して来て、9か月。

リフォーム工事の最中だったり

ここは、うんと寒いから・・・と

延ばし延ばしになっていて


やっと、暖かくなって来たから

梅の満開の間に来てもらおう、

そういうことになり

朝からとーちゃんが車で迎えに行った。



長い道中(1時間半はかかる)にもめげず

ばーちゃんは大喜びで大興奮!

息子の家が、こんな山さとに出来て

おまけに梅も満開で^^;

よほど嬉しかったんだと思う。

何度も何度も

「これは桜か?」 と訊く。

「梅やよ」 

「そうか、梅か^^」

5分たたないうちに

「これは桜か?」

「梅やで^^;」

「そうか、梅か^^」

しばらくしてまた、

「これは桜か?」  


・・・・・ ば、ばーちゃん ・・・  A ̄エ ̄;) ・゜゜・



しばらくデッキで梅のお花見をして

やっぱり風がまだ冷たいので

家に入ってお昼にした。


この山さと村で唯一と言っていい料理屋さんで

お弁当を作ってもらって。

食欲旺盛のばーちゃんは、美味しい美味しいと言って食べ

そうしてそのあと

「ここはお店やな?」 と。


もう、息子の家だということを忘れている。

「ここは、◯◯ちゃん(とーちゃんの呼び名)のお家やよ」

「え~~~~!? ほんまかいな!!」

ば、ばーちゃん

新たに感動。 \(*T▽T*)/



ついさっきの記憶がないというのも

考えようによっては、常に新鮮でいいかもしれない・・・

と、思ってもみるけれど

自分の居場所がわからない・・・ というのは

やっぱり不安だろうな・・・ と

胸がいたい。


じーちゃんは・・・ というと

すっかり 「おじいちゃん」 になってしまって

元々、あまり話さない人だったけど

見方によっては、ばーちゃんより惚けてしまったようにも見える。

いつも矍鑠としていたじーちゃんが

ぼぉ~~~ ・・・・・ っと背中を丸めて座っている姿は

やっぱり悲しくなる。


齢を重ねることは、大変なことだね。。。


私には、充分なお世話が出来なくて

これが精一杯だけど

「すぐに桜が咲いたら また迎えにいくね」

と約束した。

すぐ先の、こんな約束が

じーちゃんには、生きる目標になっている。




ばーちゃんはきっとまた、新たに感動して

大興奮 するんだろうな。

2015.03.29 / Top↑

150103_1518571.jpg

雪に埋もれた(閉ざされた?^^;)お正月でした。

初めての、山さとのお正月・・・
というか、
こちらでお正月を送るのは
初めてではないのですが
この家が、本当の我が家となり
自宅・・となっての、初めてのお正月でした。


元日からの大雪で
新年早々集まる予定の息子たちも
夜行バスが遅れたりして
元日はスルー。

翌2日に、なんとか無事に
息子らの元気な姿を見て
ホッとしたことでした。

そんなわけで
お節料理は
なんと年明けしてから作ったりして

A ̄▽ ̄;)・゜゜・

良く言えば臨機応変、
実を言うと適当~~な我が家。
やっぱり
本年も相変わらず・・・
(今更、変わりようが無い?だけなのよね^^;)
ですネ。


2015-oseci.jpg

しかし・・・ A ̄エ ̄;)

どーしてこぉ毎年
我が家のお節はレイアウトが違うのか・・・

作っているものも
なんだか同じようで、少しずつ違う気もする~

変化に富むのが好みかというと
そうでもないかなぁ・・
ほんとは、去年のことを憶えてないだけ
かちら???
A^_^;)

今年に限って言えば
元日に支度したわけだから
一昨年の記憶を辿ることになる?
わけで・・・ (; ̄ー ̄A

来年(今年?)からは、もうちょっと

記憶と記録を頼りに
お節作りをしよう!
・・・ 
という年頭の誓いでした。

( ̄人 ̄)

今年の黒豆は、畑のばあちゃん先生に
新豆をたくさん頂き
お陰さまで、沢山炊いた上に
二度も作りました^^
お婆ちゃん(義母)が、大好きなので
たっぷり瓶に詰めて
持って行ってあげることができました。
本当にありがたいです。
ばあちゃん先生には
何から何までお世話になりました。

この他に、今年は
大皿料理に「揚げ春巻き」を沢山作り
いつもは手を抜くために^^;
もう少しお金をかけて、お肉料理をするのだけれど
今年はなんだか元気で支度ができ
実家のお正月の定番でもある春巻きを思い出し
ちょっと頑張ることができました。

本当に 元気でいられる 
って、素晴らしいですね。

そうそうそれから
嬉しいことに
今年のお節は、とーさんの畑の作物が
少しずつですが
そこここに彩をそえてくれ
息子らを驚かせました。

御煮しめの人参
(里芋は、ご近所で頂きました^^)
ポテサラのじゃが芋
お雑煮の大根と人参などなど

こんな美味しい、嬉しいお節は初めてです。

とーさんが畑を始めてから
お野菜は皮ごと調理するのが当たり前になって
毎年、がんばって、御煮しめの人参は
飾り切りしたりしてたけど
今年はただの輪切り^^;
それも皮ごと (* ̄▽ ̄*) v

ポテサラのじゃが芋も
お雑煮の大根も
もちろん皮ごとでした。

美味しい上に、身体によくて、リーズナブル
その上、手間いらずだなんて

主婦にはな~んて
あぁ うれしや
(= ̄∇ ̄=)ノ

と、しみじみして過ごしています。

ありがとう。


今年も どうぞよろしく 
お願い致します。 
<(_"_)>



141219_164221.jpg
山さと 雪のシャーベット




2015.01.08 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。