FC2ブログ
昨日、一昨日あたりから
いわゆる これが来ていた模様で^ ^;
ここまで はっきり現れたのは
もしかすると初めてかも知れない、、かな?

確かに 靴下の重ねばき(冷え取り健康法)
を始めた時にも憶えがあるけれど
もうそれは かれこれ10年前にもなる事だし
こんなに強烈なものだった記憶がないので
やっぱりこれは相当だな。

ヨガを始めた人や
東洋医学、漢方薬など始めた人の中には
経験者も少なくないか知れないが
身体が大きく 舵を切り換えようとする時
これまでの身体の癖の記憶や
考え方、心の有りよう、
果ては 生き方の問題にまで
治療(と言うべきか・・ )
治癒が及ぼうとする時、、、

もっと平たく言うと
変化しようとする時に起きる現象を
『好転反応』・・・または『メンケン現象』
というのだけど
ホメオパシーや フラワーエッセンスでも
それが起こることがあります。

というより逆に、こちらの方が むしろ起こりやすい?
とも思うのです。

つまり それほど
ピタリと今の自分に合うものを選んだ時には
心や身体は 大きく変化し始める と
確信を持って経験したので
今回、こうして書くことにしました。


ではその
『ヒーリングリアクション』について
簡単に説明してみますね!^ ^;

今回は フラワーエッセンスのヒーリングリアクションについて
ですが、ホメオパシーでも内容はほとんど同じです。
ただ少し フラワーエッセンスの方が
感情面や 精神状態の現象が
大きく出るかも知れないです。

「 フラワーエッセンスをとることで
ヒーリングリアクション(好転反応のようなもの)が
起こることがあります。

ヒーリングリアクションは、
感情の排出(よりその感情・精神状態を
強く感じる、怒り、悲しみ、落ち込み、
不安、悪夢 等々)や、
身体的な反応(眠くなる、疲れを感じる、
湿疹、発熱、排泄が増えるなど)等があります。

という事ですが・・・・
今回 私の身に起こったリアクションは^ ^;
・・・・・
過去の病気とそっくりな痛み💦
その病気への恐怖💦💦
もう忘れたい、忘れた、と思っていた
古い古い感情が、そっくりな痛みと共に
沸々と湧き上がって来たのです。

まさかのリアクションですよね💦

なんて今日になって そう言っていますが
昨日から一昨日は、
これがヒーリングリアクションだなんて思いもせず
丸一昼夜、恐怖に打ち震えていたのです。

古い感情の排出をしなければ
身体や心は いつまでも過去の記憶に縛られ
よく似た症状や、同じ病気の情報、
または 日頃不安に思っている病気の話等を
ほんのちょっとキャッチしただけでスイッチが入り・・

そしてまた再生を繰り返し
同じ症状や精神状態の渦の中で
ぐるぐるぐるぐる・・・ 出口の見えない苦しみ・・・
それは、堂々巡りの状態を 自ら作ってしまっている・・

トラウマ というものですよね。

これは病気に限りませんね。

自分に起きた大きな悲劇や
拭おうにも拭いおおせない悲しみ 苦しさ
時間だけが解決してくれるものだと
10年も20年も待って過ごして
それでもそこから抜け切れず
鬱病の薬や 睡眠薬と仲良しになり
身体を壊し
他の病気まで発症してしまう人を・・・・
実は身近にも見て来ました。


トラウマにいいエッセンスや
ホメオパシーレメディは いくつかあります。

こんなもので、根深い病気やトラウマを
乗り越えられるはずがない・・・!
治るなんてウソだ!
と思う方も多いでしょう。
私も前はそう思っていました。
というか、「こんなもの」に頼ること自体
なんだか地に足がついていない自分を見るようで
許せない・・とまでは言いませんが
それに近い否定的な心がありました。

でも・・・
真理 というものが見えてくるに従って
そんな否定的な心とは、自分自身を許していない・・・
受けとめられないでいるからなのかな?
と 少しずつ緩やかに感じ始めて・・・ 不思議でした。

ヒーリングリアクションは
ちょっと不安ですが^ ^;
大切な 治癒へのプロセスです。
軽くする方法もありますので
無理せず
辛抱せず
下の方法を参考にして
続けてみて下さいね( ^ ^ )


ヒーリングリアクションが辛い時には・・
・エッセンスを摂る頻度を減らす
・その辛い状態に合うエッセンスを摂る
・ファイブフラワーエッセンス(レスキューレメディ)を摂る
・エッセンスを一旦止めてみる


今回 私は、過去の感情の排泄以外に
お腹がピーピーに💦
あと、寝起きに 右鼻奥から血の塊が少し。
こんな事も初めてでした。

好転反応や ヒーリングリアクションとは
結局 長い間 抱え込んできた胎毒の排出であり
感情のデトックスのためのものなんです。
今回私は 何度も何度も繰り返す身体的症状が
あまりにキツく、日により泣きたくなるほど辛くて
あの手この手の果てに やっと辿り着いたエッセンスでした。


トラウマ(感情面・身体的にも)にいい、
とされるエッセンスの一つです。
ホメオパシーにもありますので
試したい方は、自分に合う方を選んでみて下さい。


20190325134219199.jpeg


左から
・カルマ クリア
・ハート サポート

どちらもコンビネーションエッセンスです。
「フィンドフォーン フラワーエッセンス」社

選び方として・・・
どちらがピンと来ますか?
説明文を読んだりして
インスピレーションで決めて下さいね!^ ^
考えすぎ・理屈が先行するのはNGです。
気をつけて!^ ^;


これから少しずつ フラワーエッセンスのお話も
増やすつもりです( ^ ^ )/

ありがとうございます。


花粉症の皆さま
いかがお過ごしでしょうか?
なんか今年は花粉の飛散量が多いらしくて
これまであまり症状のなかった方まで
デビューされた とか
デビュー気味?^ ^; だとか
よく耳にしています。

そういう私は・・・

れれれ~?(´⊙_⊙`)  今年は随分ラク。

四年ほど前に発症して
その年から目の痒みが酷くて
おまけに目の周りの皮膚もカサカサになり
そこに涙が滲みて痛いわ痒いわ
も~ 悲惨な状態でした。

それから後、二度の春も
やっぱり悲惨!!(><)💦💦💦

クシャミ鼻水は、なんとか耐え忍ぶことが出来ても
あの目と目の周りの痒みだけはあきません!!
「 掻いちゃダメ! 」 (><)
と思いとどまれるうちは、ほんの数日。
いっぺん掻きだしたら
♪止まらない汽車に~ 二人乗ってしまったの~♪
状態。(いつの歌や!)

薬は 極力飲まない!

と決めている私ですが、流石にその時ばかりは
麻薬禁断者の如く、薬を欲してしまいました。(時事ネタか(;^_^A)

かと言って、薬が効くわけもなく 目薬も効果なし!
発症一年目は、ただひたすらに
ごまかしながら終焉を待ちましたが
二年目は、いよいよ病院へ行こうかと血迷ったほどでした。
でも、
その前に!
あと一つだけ調べてみよう! と、死に物狂いで探した物に
息子が愛用しているフラワーエッセンスがありました。

そ~や〜!これや~!!

ところが
悲しいかな .*゚*( ノдヾ)
フラワーエッセンスではドンピシャと当てはまるものが見つからず・・・
(今ではエッセンスの数も種類も増えて、取り扱う店も数多ありますから
 花粉症に良いフラワーエッセンスも見つかるかもしれませんね)

諦めかけたその時、出逢ったのです。
ホメオパシー。

ホメオパシーという名は知っていました。
随分昔、後輩が使っていて教えられたものでした。
その頃は縁がなく・・・・
まさか今になって再び巡ってくるとは
人生は面白いですね。


いちかばちか! 買ってみたのでした。

その後の経過は、こちらでちょくちょく綴っております。^ ^;
また、よくご存知ない方で、興味のある方は覗いてみてね!



で、その時にみつけたホメオパシーレメディがこちら。

ユーファラジア です。

最初は効果を感じるまで数日かかりましたが
翌年から、わりと早く効くようになり・・・
そして今年
「あれ? 花粉?」 と思しき症状の影が見えた時点で
レメディーを舐め、チンクチャー(レメディーの母液です)も
一緒に摂り始めました。


2019031911100000.jpg


そのせい? でしょうか?(´・ω・`)ノ
今年は随分とラクなのです。
今やもう、ふと思い出した時に摂るぐらいで
毎日真面目に・・・ は、飲んでいません。

いつも、これぐらいの時期はどうだったのか
ふと気になって、去年の記事を探してみたら
ちょうど今日、3月19日の日付けの記事があり
やはりかなり苦しんでいました。

これは不思議。
完治に向かっているのかな???

いえいえ、早とちりは禁物^ ^;
小さ~~~~~~~く喜んで様子をみることに。


花粉でお困りのアナタ^ ^
興味のあるなしに関らず
「こんな意味不明のもん!」 と思っていても
試してみる価値は充分ありそ~!

「ホメオパシーレメディ ユーファラジア 30c」
で、検索しても出てくると思います^ ^
もしなかったら、コメント欄でも、メールでもお寄せ下さいね!


因みに・・・
30c とは。。。
母液の希釈度を表しています。
レメディは、原液(及び現物)を天文学的数値にまで希釈振盪して
砂糖玉に染み込ませたものですが
その希釈度数が、高ければ高いほど深くアプローチするので
「身体」 という表面的な・・・ 物理的・物質的な問題に
効果をみたい時には、この数字の低いものを選びます。

※ただ、身体に現れた症状でも 心の奥深くに問題を抱えている場合や
もっと遡って 患者が母親のお腹にいるときに
傷ついた経験(事故や暴力なども含めて)などが原因の場合・・・・
(これらは大変難しいのですが)
そんな時は 高い希釈度のレメディを使うことがあります。※

30cは、身体にも心にも届く数値だそうです。
初めて試される方は、これが一番いいかな?^ ^ と思います。




今朝はまた
カーテンを開けると
一面真っ白!
どおりで明け方から
一時間おきにトイレに目が覚めたはず。
寝室の空気が冷たかった。
夜中に急に 頭の上から
隙間風が入ってきてびっくり!






前回の雪の日は
ちょうど味噌作りした日だった。



20190210105607319.jpeg

豆を覗くまめ。


そうそう
あの朝、ゴミ出しに行く途中、
おとーさん 道で滑って
思い切り 頭と腰を打ち付けたのだった。

なんとか起き上がり、ゴミを出して
帰ってきたとーさんに聞いたのだった。

一瞬、恐怖と不安だけが湧き上がって
頭が白くなりかけたけれど
こうしちゃおれない!
ホメオパシーがあったんだ!

気を取り直し
すぐにアコナイト❗️
怪我やショック、突然の事故など
又は 手術の前後にも
(先日は 親知らずを抜く次男に送った)
とにかく、急いで舐めさせ

次に飲ませたレメディが
アーニカ。
ウサギギクを希釈振盪させたもの。
深い傷に効果大。
(ちょっとした傷や 軽いものにはカレンデュラを使う)
アーニカのレメディも 一瓶備えて置くと安心です。

本やネットで調べている間が惜しくて
とにかく自分の思いつく限りのレメディを
処方したのだったけど
後で調べて 間違いが無かったことが嬉しかった。

それからもう一つ、
肝臓のレメディ(K-T)も飲ませる。

これはいつだったか、
車椅子から逆とんぼりに落ち^ ^;
まさかの床で 頭のてっぺんを強かに打った時
その状態の頭で 必死に調べたレメディだった。

東洋医学では 頭は 心・小腸経。
頭皮に近づくにつれ 腎・膀胱経となる。
肝臓のレメディが脳にいいとは〜〜

と 驚きながら舐めた記憶があり、
今更ながら考えると
脳には 目や耳の 繊細で大切な神経が
詰まっているところで
だから肝臓と密接に繋がっているんだな
・・・ていうのか
脳と肝臓は 同じレベルのものと認識しておくと
間違いないのかもしれないね。

ちょうど、「脳と甲状腺」のサポートレメディを
持っていたので、これも飲ませ
ついでに偏頭痛のTSレメディ(TS-08)も
飲んで貰った。

あとは 頭と首〜背中の塩マッサージと
足指の足心道。
これを毎日続けて 今に至ります( ^ ^ )


塩マッサージ とは
浄化力の高い 自然乾燥の塩
出来れば、透明、もしくは白い岩塩(粉状)を
カップ1杯くらいをビニールの袋に入れ
それで患部を摩ります。
または、当てたまま30分ほど 休みます。
塩の成分が効くのでは ありません。
塩の『気』が治る方向に導くのです。

私は 蜂に刺された時に この方法で
小一時間で 痛みも腫れも すっかりよくなりました( ^ ^ )
塩の善い気が波動するのだと思います。
(なので作られ方の間違った精製塩や、
ベタつく塩は、絶対避けてね!
かえって悪くしてしまいますから)


そうそう^ ^ おとーさん、
腰も強打したので J(腎)のレメディも
飲んで貰いました。


今でも 枕元には お塩を置いて寝ています。

しかし・・・
何にしても、気をつけなくちゃね💦
どんなことも 若い時とは違うんだもんね。

いやほんまに。



ちょいちょい脱走を企てる 我が家のヒゲの三男坊(笑)💦


4mame.png



先だっても、ふとした隙を狙って サ~! っと逃げてしまい
ちょうど、おとーさん留守の時だったこともあり・・・
ま、慌てずに待つことにしよう!
お腹が空いたら帰ってくるでしょ^ ^
と、待っていました。

 カブもぴーちゃんも
 こちらに越して来てからは山猫状態でした。
 もう4歳を過ぎていたし、おいた盛りも終わっていたので
 外と家を自由に行き来させていましたが
 (それでも色々お土産を持って帰って来て(><)💦💦💦)
 まだまだ まめもむぎちゃんも2歳と半年、そうはいきません。
 そんなわけで、ちびーず二人組は「家だけ猫」遂行中です。


その日も2時間くらい遊んで来たでしょうか。。。
ぽ っと外を見ると
玄関のドアのところでまめが丸くなって待っていました。



3.png




一瞬、不安気な表情に見えましたが
えらいえらい! よぉ帰って来たね!
と褒めながらドアを開けてやると・・
ひょこひょこと入って来たのですが


あれ・・?
なんだかびっこをひいてるような・・・
よく見ると、右の前足をかばって歩いています。

どうしたんだろう と思って抱き上げて
恐る恐る確かめたのですが
目立って外傷はないようです。
ネットなんかで、注意するようよく見かける猫の怪我は
トゲなどが刺さることらしく
そうなるとなかなかわからないうちにばい菌が入り
えらいことになる例が多いとか。
入念なチェックが必要です。

そうこうするうち、右手(正しくは右前足ですが^ ^;)が
みるみる腫れあがってきました。



2mame.png


ピンクに着色しているのは、心理的効果をねらっているもの(;^_^A💦
しかし大きさは本当にこれくらい腫れたのでした。





こんなにすぐに腫れてくるのは
どうやら 捻挫or骨折 と思われます。

でも、骨折にしては痛がりようが派手ではないし・・・
右手をかばいながらも歩こうとするので
捻挫だな!? と思いました。 (捻挫に決めました?)^ ^;



こんな時は、ホメオパシー「アーニカ」です。
怪我の時のNO.1レメディ、 ウサギギク のレメディです。
傷にいいレメディに、カレンデュラがありますが
こんな時はアーニカ(アルニカともいいます)です。
捻挫にもいいということなので、迷わず飲ませました。



2018093011180000.jpg


ホメオパシーのいいところは
仁丹より小さい粒(金平糖のような砂糖玉)なので
猫のちいさい口にも、難なく入れてやることが出来ます。

突然 とか、ショック とかの時に飲むアコナイトも
いいかナ?と思ったのですが
それには少し時間が経ってしまったので
今回はアーニカに任せてみました。

飲ませて5分くらいすると、まめの様子が変わりました。
落ち着いています。
痛みがひいて来たのだと思いました。
恐るべし!ホメオパシー!

まだ、右手は腫れていますが
これは効果ありの兆しだね!^ ^
アーニカで正解だったのでしょう。

それからしばらくすると、椅子から降りて
ひょこひょこ歩き始めましたが
さっきのひょこひょこ歩きとは感じが違います。
わりと軽快に歩いて、ゴハンも沢山食べました。

食べる元気があるなら大丈夫!
寝る前に、もう一度アーニカを飲ませ
カレンデュラも一緒に飲ませてやりました。



翌日、右手の腫れはまだ残っているものの
歩き方は普通でした!ビックリ!
朝もう一度、アーニカを飲ませて
あとはまめの回復力に任せることにして
・・・本当はもう飲ませなくてもよさそうでしたが^ ^;
(子供の怪我や病気には滅法弱い母💦)


怪我をして3日目朝に、ラストックスを1粒。
痛みや腫れが引いてから飲ませるレメディで
腫れはまだ 若干残っていたのですが
痛みは9割方治っていたようなので。

面白いことに、2度目のレメディから
まめは素直に飲むようになりました。
甘くて美味しいのがわかった・・ というよりは
自分に合うものに身体が引き寄せられている・・・
という感じでしょうか。。

ホメオパシーは不思議です。

今回も助けられました。


2018093017170001.jpg
3日目午後には、この通り。
すっかり!と言っていいほどよくなりました。







2018093017170000.jpg


よかったね まめちゃん
お外は危険が一杯
気をつけないとあかんねんで。





  おまけにゃ ... φ(..;)
2018.07.21 猛暑の夏に
ここんところ
大の苦手なはずの夏なのに
おまけに、この猛烈な暑さなのに
私にしては、まぁまぁ無事に、元気に過ごせていて
(出掛けないことが無事の第一条件だけど^ ^;)

ありがたいな~ と思って喜んでいた・・・
その矢先・・・

一昨日あたりから、なんか突然、症状が戻り始めた。
態勢によって、シクシクする下腹部痛
夜中の頻尿、じわっとくる冷たい汗・・・
いつからか慢性化していた諸症状。
そんな諸々が、ずいぶん改善されて喜んでいたところだったのに。。
その再発はやっぱりショック。
症状の辛さと重なって、一昨日の夜は
ご飯の支度をする元気がなく
とーさんにご飯を買ってきてもらった。

そして昨日は、この暑さの中、全身にすごく冷えを感じた。
エアコンの設定温度、一人の時は29度でも肌寒い。(*〇o〇*)

・・・でも、消したら暑くて消せない(><)💦

こんなことは初めてだから、年齢のせいもあるのかな~ と
無理矢理、「齢のせい」に押し付けてみる。
いやいや、もしかしたらこの天候・・・
大きな高気圧の日には、交感神経が圧倒的に働き
病人が続出するというし・・・
ん~・・・ 気圧のせいかも・・・
と、今度は天気のせいにしてみたり。。

それでもいつものクセで、
用事をしながら、仕事をしながら
気がつけば不調の原因をあれこれ探っている。
「ながら時間」を過ごしていた。

でも

いや、待てよ?
結果には、必ず原因と過程があるはず。
突然に症状が戻ったなんて
やっぱりなんかおかしい。

なんでも齢のせいや天気のせいにするのはやめよう。
もっと身近に、もっとシンプルな何かがあるかもしれない。
そして、「ながら」もやめて、ちゃんと考えてみよう!

そう思って、用事の手をとめて
ゆっくり考えてみた。

・・・・・


bu-5.png


・・・・・




そう言えば

一つ気になっていたことがあったんだった。

新しく買ったスパッツのウエストがちょっときつくて
履いた瞬間、ゴムを付け足そうかな と思ったんだった。
エアコンの冷え防止に、スパッツやタイツは欠かせない。
私には必須で、もう随分前から
調子のよくない日は2枚重ねで履いたりもしている。

そのスパッツのウエストがちょっときつかったんだった。

でも、履いて履けないほどじゃなく
一昨日から履いていたんだ。

今度、ゴムを替えよう
今度、付け足そう
トイレに行く度にそう思いながら。


もしかして
これが原因? (´⊙_⊙`)

え、まさか。。。

本当?


そう気づいて
即、ゴムを付け足す。




それから数分・・・
お腹の辺りから、じんわり ほんわか 温もりを感じてきた。

諸々の症状が、大波からさざ波に。ヽ(ё∀ё)ノ

もう、驚きと感謝だった。


こんな、ちょっとしたことで、身体って
好くも悪くもなるんだな。。。

身体を締め付けること、
特にお腹を締め付けてはダメ。
よくわかっていたのに
でもまぁ気になるほどでもないし・・・と
放置した私が迂闊だった。

健康は、その「身体の持ち主」にかかっている。ヽ(;▽;)ノ

今回、若干でもお腹を締め付けたことによって
腸や肝臓、腎臓などの血流が悪くなってしまったんだと思う。
私の場合はとくに、下半身の血流が巡りにくいから。
ふと、紫色になった腸など想像する。^ ^;

新しいスパッツのちょっとした締め付け・・・ 
私は無視できても、身体はずっと辛抱していた。

その結果、一昨日から昨日、
二日かけて全身が冷えていったに違いない。

折角、改善され始めていた身体の諸症状が
またぶり返しを見せたんだろう。


身体はちゃんと知らせてくれていた。
症状に感謝だね。

ゴムの入れ替えなんて、ちょっとした手間だけなのに
つい、あと回し、先送りにしてしまって・・・

でも、そんなことって多くないですか?^ ^;
私はけっこう・・・ (><)


血流の大切さを
信号をちゃんとキャッチすることの重要性を
昨日はあらためて、再々々確認した出来事でした。(;^_^A

それが身体の声を聴くこと・・
大難を小難に過ごす極意かもしれないね。



失敗するたびに、不具合から学ぶ日々。

痛みさん 今日もありがとう。





fukuro4.jpeg



熱帯夜で寝不足やぁ~・・・





またまた
腕受難の夏がやって来た。

うちのぴー助、
赤ちゃんの時からのクセで
いまだに私の腕をオッパイ代わりに
チューチュー吸いに来る。
酷い日は、一日何回となく。

猫のチューチューには、必ずフミフミが付いて来るのだが

そのフミフミも、大猫のフミフミは大変!(><)
ニギニギとなって、私の腕に爪が喰い込む(><)💦

これが不思議と、私にだけする儀式で(それも右腕が好き)・・・
やっぱりおかあちゃんじゃないとダメなのか。。。

おとーちゃんにオッパイはないもんな~・・・



tyuityui.png



かくて、私の右腕は、もうこの夏早くもボロボロ。
爪切りが追いつかない。






今日はおまけに
洗濯物を取り入れに出て
おもいきり蚊に刺される!(><)

それも何故か右腕だった!

ぴー助の爪痕の上に、蚊に喰われた痕が5つも!

右側の厄日? (´⊙_⊙`)





アーユルヴェーダやヨガ
ホメオパシーでも、右半身は男性性だという。

父親からのエネルギーで出来ている・・・とも聞いたことがある。

ケガや虫刺されも、大きくはデトックスの意味があるらしい。

(ケガは血を流すことで。 
 虫刺されは、痒みのためにボリボリ掻いて傷をつくり、
 虫毒と一緒に体内毒素を出すのだそうで
 「掻いちゃダメ!」とは、実は間違いらしい。
 「毒さえ出たら、皮膚は勝手に治ります」 ・・・
 そういえばうちの猫はそうだった。
 とりあえず、手作りのアロエ塩で、よく洗っておきました^ ^)



この右腕受難は
父からの伝言かもしれない。


右側を大切にしなさいよ。 なのかも。


そういえば、最近右足のシビレがキツイ。
右のお尻まで痺れることも。

そっか~・・・ 


うん。 わかった おとうさん。

気をつけるね。 知らせてくれてありがとう。

ぴー助にも、ありがとうを言ってあげないとね。^ ^;



漢方薬を始めて
もう20日ほど経ったかな?

効き目は・・・ ぼちぼち^ ^;
だと思います。
強烈な症状は、かなり緩和されて来たみたい。
まだたまに、ちょっと戻りそうになるけれど
そこは上手に体調を整えながら・・・
ムツカシイことだけど
自分の身体によぉ~~~~く耳を傾けて。。。


それはそうと
不思議なことがあって

この漢方薬、手ごろな丸薬を買いました。
ちょうど正露丸みたいな大きさの玉で
(正露丸みたいに臭くないし、イヤな味もしない)
ほんのり甘くて
玉の表面はツルっとしてるから飲みやすい。


2018052706580000.jpg


この玉を、毎日3回、食前か食間に、10粒ずつ飲むべし・・・・

なんだけどね。

・・・・・

だから、最初のうちはそうして10粒にしてたんだけど・・・


不思議なことに
瓶から左手の平に薬を出すと
ほとんど決まって9粒でるのです。

最初はそこに1粒足して出し飲んでいました。

が・・・ A^_^;)



ある時ふと思ったのです。



もしかして、、、 私には9粒でいい ってこと?



そうかもしれない。

きっとそう。

9粒が絶妙なんだ! 

うん!



な~んて・・・ 思い始めたら、即実行のタイプで^ ^;

自分の身体のする事を、信じよう! そう思ったのです。



母の日に電話をくれたお兄ちゃんに
その話をしました。

「あ、それは正しいんちゃうか^ ^
 きっと母さんやったらそうやわ。
 それがきっとええんやわ。」

やっぱり肯定してくれました^ ^


「ただナ、
 毎回11個出てたら、いくら漢方薬言うても
 多いのはちょっと不安やし
 それに早く無くなるのは不経済やしな~ A ̄▽ ̄;)💦
 そやから9個やったら実行してもいいなと思て」

そう付け足すと、お兄ちゃんはバハバハ笑って
「たまに11個やったら、ええんちゃうか?^ ^;」 と。

お兄ちゃんのお許し?が出たので(出んでもする?^ ^;)
だいたい毎日、出る数(ほぼ毎日9粒、時々10~11粒 笑)
を飲んでいます。

もしこれが、煎じ薬なら
濃く出る日や薄く出る日があったりするしね・・・
それももしかすると、必然じゃないかナと。。


人の身体って
その日の体調やら、症状の出方やら
機械のように均一じゃないから
薬の量も、丸薬1~2玉くらいの差は・・・
この、生きて動いている細胞に、必ず合う
その時に必要な数がきっとある・・・!
と思って。

実験してます。^ ^;

答えがどう出るのか出ないのか
わからないけど。



\ 偶然は必然 /  に、掛けてみてます!^ ^;






でも

良い子のみなさんは、決して真似しないでね!!






char.png





2018.03.19 目からウロコ
2018020813120000 - コピー




花粉の季節真っ盛り!

花粉症の皆さま、如何お過ごしですか?(;^_^A



私含め

とくに、目の痒みが辛くてお困りの方々に朗報です^^


大変有効なレメディをご紹介いたしますよ~!

一刻も早く、なんとかしたい!! ですもんね。




先ずは花粉症の目の症状にいいと言われる

◆ユーファラジア(Euphrasia officinalis)~ゴマノハグサ科~

 目・鼻・喉・肺の粘膜の問題に
 
 花粉症の症状
 結膜炎
 多量の痰を伴う咳(百日咳)
 太陽の光や風を嫌悪 症状が悪化する

 目の疾患全般 白内障・緑内障・ドライアイ
 刺激性の涙 ヒリヒリ焼けるように痛む
 カタル 粘膜の乾燥
 鼻炎 副鼻腔炎
 
 氣管支炎
 かぜ 咳 インフルエンザ
 夕方に悪化
 煙で悪化


コレ、目の痒みにいいです!
いくつか当てはまるようでしたら、お試し下さい。
私がホメオパシーを始めたきっかけとなったレメディです。

50代後半から、なーんとなく肌の痒みやクシャミから始まり
3~4年前にキョーレツな目の痒みが起きて
以来、目薬だのなんだの、何をしても無駄で・・・ (|||_|||)

目の痒みだけは我慢できません!💦
こすっちゃダメ!!
といくら思っても、ふと気がつけば
思いっきりこすってます! (><)💦💦💦

そんな時、藁をもすがるようにして見つけたのが
ホメオパシーのレメディ 
「ユーファラジア」 でした。

これを飲みはじめて4日目の朝、
魔法のように痒みが消えていました。



でももし、このユーファラジアも効果がないという時や
腰や背中、お腹や坐骨などにも不調があって
とくに仙骨部分に鬱血するような感覚がある人は

こちらのレメディが効果大!と
今回初めて見つけました。


◆タイガーズアイ (Tiger's-eye)~宝石タイガーズアイ~

いわゆる、第三の目・・・ 
額の真ん中の目・・という意味の石ですが^^;

手塚治虫の漫画にもありましたよね^^
「三つ目がとおる」でしたっけ(;^_^A

普段は隠している額の目が開くと
絶大な力を発揮する男の子のお話ですね。

そんな名前の石のレメディです。


頭:頻繁な頭痛、得に頭蓋底の右側から始まり上に広がる痛み。
  額の右側の痛み、頭の右側と右目眼窩の内側(鼻の近く)の痛み。
  左側の吐き気を伴う頭痛。
頸と背中:頸の後ろ側と肩の筋肉の際立つ強張りと痛み。
眼:眼に親和性がある。白内障。流涙。ドライアイ。左下眼瞼縁の激しい炎症。
鼻:右後鼻孔付近がたまらなくムズムズして、右側に涙が流れて来る。
喉:Thuj.のように喉に恐ろしく嫌な味がする。左側の喉の痛み。
胃:痛み。吐き気。興奮をかき立てられた子どもの感情からくる嘔吐。
  胸焼け。
女性:左側の乳ガン。
泌尿器:右腎臓の痛み。
四肢:左ハムストリングの痙攣。下肢の冷え。



ここでは、身体的症状のみ書き写しておきますが
ジェムレメディ(宝石レメディ)は
なかなかスピリチュアルな要素が多く、奥がとても深くて
膨大な説明書(マテリアメディカ)を読んでいるだけでも
面白くて、試してみたくて、没頭してしまいます。



さて、この二つのレメディですが
マテリアメディカを読んでいると
目の症状のところで、双方に
「ドライアイ」 と出て来ます。


え?

と思いました。

そう。 もしかすると、花粉症って ドライアイが原因?
と気づいたのです。
確かに、タイガーズアイを飲んでも目の症状と共に
花粉症特有の鼻の症状もよくなります。


まさか自分がドライアイだったとは夢にも思わず
とにかく、この花粉時の辛い症状も
ドライアイが一つの原因だったのかと気づいて
びっくりしたのです。


それは・・・

実は3ヶ月ほど前から
飲水法なるものを始めているのですが
こんなにレメディが、ストン!と効くのも
もしかすると、この飲水法のおかげかもしれません。


独り占めしたら申し訳ないので
ご紹介しておきますネ!A ̄▽ ̄;)ノ


batomang.jpg

病気を治す飲水法―万病を予防し治す水の力を総解説
F. バトマンゲリジ (著),‎ F. Batmanghelidj (原著),‎ 林 陽 (翻訳)
出版社: 中央アート出版社 (2007/02)



わたしの、この花粉症は
ドライアイから来ていて
そのドライアイは
身体の乾燥・・・
から来ていた・・・

水不足だったのかもしれない
ということなんです。

ご興味持たれた方は、どうぞご一読下さい。

とにかく、花粉症はツライです!(><)

レメディを使って落ち着いたら

根本治療もいいかもしれません。


痒い目からウロコの落ちるワタシでした^^;




  おまけにゃ ... φ(..;)
2018.01.23 気づきの時
2017120308530000.jpg



去年の秋も深まる頃
私は体調がいよいよ悪化してしまい
(良くなったり悪くなったりを繰り返していた膀胱炎が
痛みで冷や汗が出るやら
夜中に過活動になるやら(><)

これはきっと、夏の冷えが今頃やってきたな?
・・と思って、身体を温めるもなかなかで
頼りにしていたレメディーもイマイチ

そんな時、見つけた治療法が一つあって
なんだか良さそうと直感していた
ちょうどそんな時だった。

年の瀬の30日、長男から電話で
 今日帰るつもりだったが、
 明日友達と年明けをすることになったので
 帰省するのは元日になる。
とのこと。

体調もすぐれないことだし、ちょっとほっとして
実は具合がイマイチで と長男に話し
でも、ちょっと面白い治療法を見つけて、今 実験中^^;
と告げて
「なんか良さそうやし、がんばって続けてみるわ!」
と言うと

すかさず長男が

「がんばらんと続けてみたら?^^」

と のたもうた。

「母さんは、ずっとがんばって来たんやから
 もうがんばらんでええんちゃうか^^」  と。

その言葉を聞いたとたん、驚きの現象が。

痛みで、ジワジワとかいていた冷や汗が
す~~~~ っと引いていくのを感じた。

首筋の辺りが、ポカポカと温まり、
そのまま身体の力が抜けるように
全身症状が消えて行ったのだった。

それから嘘のように、よくなり出し
今は痛みのない日が増えて
夜中のトイレも減って来た。

これはいくらなんでも魔法過ぎる。
こんなことがあるんやろか。。。

そう考えると
思い当たる節が色々浮かんで来た。




この膀胱炎が発症しだしたのが
ちょうど大病のあと、下半身にシビレの症状が出始めた頃で
それまでの人生が、大きく舵を変えた頃だった。

それまでは、痛くも痒くもない元気な障害者だったが
それからの私の下半身は
常に痛みがあり、シビレがあり
可動域も狭まり、運動能力も格段に落ちた。

整形外科に行っても、的外れな診断ばかりで
一つも治す手立てがないまま
そんな毎日を送る中で、徐々に・・・
少しずつ 今まであった生活や、暮らしの上での自信のような・・・
自分の根幹までも・・・ というと大袈裟かもしれないけれど

そういうものがぐらぐらになってしまう・・・
自分でも、本当に、まったく
無意識のうちに  ということが 
・・・・ あるのかもしれない。




そんなことなど想像もせず
ただ、身体だけを見ていたことに気がついた。

身体からのメッセージを受け取るということは
その奥底にある、心のメッセージまでも
掬いとるのだ・・・ ということを
忘れていたのかもしれなくて

長男からの電話で
「がんばらんと・・・」 と言われて
その一言で
私の中で何かが、思い切り慰められたのかな。

がんばることは、とても好きだし
ちょっとがんばる^^ って
私には大切なエッセンスだと思っていたけれど

時には、立ちどまって
これまで当たり前に過ごして来たこととか
自分の心の奥の底~の方まで
思い返し、慰めてあげることって
大事なことなんやね。


膀胱というゾーンは、
そんな 心ととても密接に繋がっているようです。

ほら・・
緊張すると、オシッコが近くなったりしますよね^^;
また逆に、出なくなる時もあったりするそうですしね。

それほどデリケートなところだから
私の膀胱炎はただ単に、下半身のシビレという
物理的なことだけが原因ではなかったようです。

きっかけは、シビレ・・と同じ、血の巡りの不調でも
そうなる下準備が、心や身体の中で
きっと始まっていたんですね。


年末にかけて 大ピンチになりましたが
思わぬ気づきが貰えた・・・ 

そんな年の瀬になりました。








また今度は
今 始めている治療法を
アップできることを楽しみに^^


がんばらずに 続けますね (*^^)v



2017.09.27 秋は肺の季節
夏もそろそろ終わりですね~。

朝夕、急に涼しくなって来ました。
てか、うちの辺りは、ちょっともう肌寒いくらい・・
を通り越し、少し火が恋しいほどです^^;


さて、この季節
風邪をひいたり体調を崩す方が増えていますね。

そこで、五臓(肝・心・脾・肺・腎)は
季節にわけて考えられるのを知っていますか?
ヨガや気功などされている方は
ご存知かもしれないですネ。

春は肝、夏は心、土用は脾、秋は肺、冬は腎。

これはその季節に一番影響を受けやすい臓器・・というか
「働き」とか「巡り」を表しています。

漢方の五臓とは、西洋医学で言う、
肝臓、心臓、脾臓、肺、腎臓
というものと、全く同じではなくて
もう少し違った、広い意味があります。

これからの季節で大切な肺は・・

西洋医学でいう肺の主な機能は呼吸ですが
外気の酸素を吸ってガス交換し、二酸化炭素を吐き出す・・
という「機能」だけではなくて
(もちろん、東洋医学でも肺は呼吸と関係しますが)
物質としての気体を交換するだけではなく
「気」を交換する・・という大切な役目があります。

自然界の「清気」を吸い、体内の「濁気」を吐き出す・・・

深呼吸をすると、だんだんリラックスしてきますよね。
これは、副交感神経を整えるのと同時に
自然界から「気」の力を貰っているからなんです。

気持ちが弱くなったときは深呼吸をして
自然界からいい気をたくさん頂きましょう^^



また、肺には宣散粛降(せんさんしゅくこう)といって
水分を身体全体に巡らせる働きもあります。

そして、皮膚、気管なども「肺」に分類されるんですよ。
(ここら辺が東洋医学や漢方の面白いところですよね^^
よくぞこんなことに気づいたというか
わかったものだと心底驚きです。)

「肺」が弱くなると・・・
肺は潤っていたい臓器ですので乾燥を嫌います。
秋になって空気が乾燥してくると肺が弱ってきます。
そうなると、咳や鼻がでたり、
アトピーなど皮膚症状がでてきます。

症状は身体だけでなく、気持ちも憂い
悲しみやすくなります。
秋がなんだかさみしい気持ちになりやすいのはこのせいです。

肺が弱り、宣散粛降が低下すると、
水分の鬱滞が生じるのだそうです。
身体の中の余分な水分は、鼻水やくしゃみ、目の痒み、
皮膚症状などとして表れます。

秋にアレルギー症状が出やすいのも
肺が弱ってくるためだそうです。
私の母などは、喘息の発作が出そうで
秋はいつも気弱になっています。

秋は、アレルギーが出やすくなったり
アトピー性皮膚炎が悪化したり
なんだか、無性に悲しくなったり。。。

また肺は、大腸と深く関係しています。
表裏一体の関係と言いますか・・
なので、肺が弱っているなと思ったら
腸であるお腹を大切にして下さいね。

腸をケアすることで、肺も同時にケアされていきます。
腹巻きをしたり、下履きの枚数を一枚増やしても効果がありますよ。

ただ、咳でもクシャミでも鼻水でも
それは身体が起こすデトックスなので
咳止めなどで無理に抑え込んだりせず
身体を温めてケアしましょう~。


「手当て」 は必ず、身体と心に届きます。



2017091214530000.jpg





友達がMRI検査の後、
なんかしんどいそうです。

「これも被曝?」 と、少し心配そう。。。

MRIは放射線ではなく磁気なんだそう。

強い磁気の影響には、ホメオパシーがあります。

一つは
■ Magn-arct. / マグ ポラス アーティカス
ちょっと舌みそうな名前^^💦

もう一つは
■ Magn-aust. / マグ ポラス オウスト です。


そういえばずっと以前、肩こりの酷かった実家の母が
磁石だらけのマットレスを買っていて
よぉ似たマットレスが、他にも何枚か
実家の押し入れにありました。

でも磁気は、身体の自然なバランスを崩してしまうのよね。
最初は効いたような気がしても、使ううちに
かえってだるさやしんどさが増したのでは・・? と
今になると想像がつきます。

それで、これでもか これでもか と、
どんどん強い磁気マットレスを買っていったのだと思います。
(広告って怖いですよね。CMを見ているだけで
 そんなに効果がある気がしてしまう。)


MRIになると、きっと磁気の力も強力でしょうから
友達もすごく疲れたんだと思います。
どちらか準備して、次の検査の後には
試してみてはどうかな と思います。


ついでと言ってはおかしいですが
レントゲンやCTスキャンなど、
放射線の影響が心配な方は、こちらのレメディがいいそうです。

■Phos. / フォスフォラス

または

■RX-Ray. / レイ(RXシリーズ)
レントゲンや放射能の影響に、コンビのレメディ
高いポーテンシーで深く作用。


まだどれも自分は試したことないのですが
あるホメオパスの方の子供さんは
レントゲンのあとに、このレメディを摂ると
鼻血が出るんだそうです。
子供の代謝力って、すごいですね!
そうして毒出ししてるんでしょうね~。


私も昔、術後8年ほど、毎月CTを撮っていました。
あの頃、ホメオパシーを始めていたら・・・
と、つくづく思います。

中医学やアーユルヴェーダ、
あれやこれや、自分の出来る範囲ではありますが
かなり勉強してきました。
が、ホメオパシーは何故かずっとスルーしていました。
(ホメオパシーの存在は、ちゃ~んと知っていたのに。)

でも、たくさんたくさん、回り道してきたからこそ
今ここに居るんだな~・・と思います。
でも、も少し早く出逢いたかったな~ とも思いながら・・・
回り道は、決して無駄ではなかったし
むしろホメオパシーを学ぶ上で、とても役にたっていて
ありがたいと思っています。

結局、無駄な道なんてないのでしょうね。

回り道をさせられるのは、きっと必要だからなのよね。

これからまだ、どんなものに出逢うかもわかりません。
・・って、どこまで生きるんじゃ~~い!💦

楽しんで感謝して、
お勉強していきたいと思います^^




2017080908120000.jpg



2017.09.08 ヒルと身体と
今日はゴミの日だったので
とーさん、
朝から猫トイレの砂を入れ替え
トイレもキレイ~に洗って
ふと見たら、手首にヒルが!!

こんな時、ちょっと肝の小さいとーさん(;^_^A
慌てるばかりで何をどうしたいのか
ただあちこち走る💦

外の蛇口で洗ってたところに
ちょうどヒルがいたらしい。
刺されないように~ と思って注意してたのに
しっかり噛まれてるし。


体内毒素が多い人ほど
虫に刺されるそうだ。
それも毒の強い虫ほど、こちらの毒素が多いとか。

虫がその毒素を吸い取ってくれるわけではなく
毒虫に刺されることで、
その毒を出そうと身体ががんばるため
体内毒素も一緒に出してくれるんです。

ん~~~・・・ 身体は深い!

ヒルはすぐに、とーさんにティッシュで捕まえられ
まるまると太る間もなく、成仏なされた。

そのあとも数分、手首の傷口からはダラダラと血がながれて

「とーさん、これも一つのデトックスやねんで。
 ヒルが助けてくれたんやわ^^」

という私に、「うー」と言って
あまり納得いかなさそう^^;当たり前か。
とにかく怖がりなとーさん。

「もし、気づかへんで、このまま吸われ続けたらどーなるん?」

と。 A ̄◇ ̄;)

「いやいや、すぐに気づいたでしょ?
 それも運やから。もう大丈夫やわ。
 出さなあかんものは、きっともう出たよ。(*^^)v」


hiru_2017090816041760a.jpg


2017080314410000.jpg

いやはや
この度の、まめ坊の尿路結石では
この、「バーバリス・ブルガリス」
(または、「バーバーリス・ブイ」と言います)に
ほんとに助けられました。

病院でもらった療法食、ちっとも食べてくれず
どんなに工夫しても、わからないよう~にしても^^;
ちょっと匂いを嗅いで、プイ!なので・・・
これを食べてくれさえすれば、石も溶けるそうなのに・・
コマッタ子です。

油断してるとむぎちゃんが、ワシワシ食べてしまうので
要注意!(><)
うまくいかんわ~~・・・ (TT▽TT)

ホメオパシーを調べました。

ホメオパシーのレメディは、ちっちゃ~い玉なので
猫にはうってつけなのです。

西洋医学のお薬との違いは、、、
お薬の場合、単純に言うと 
身体に出ている症状を、止めたり抑えたり
または血管を広げたり、etc. etc. 
物理的に、色んな色んなことをしてくれるものですが・・・

ホメオパシーは 自分の自己治癒力のスイッチを入れ
発動させてくれるものなのです。
その波動は、身体だけにとどまらず
心や感情、魂に至るまで。
大きく、深く 揺るがしていきます。



20293010_156097791610309_433062877152595220_n.jpg


・・・ホメオパシーが効かない とか
よくわからない・・・ と仰っしゃる方は

先ずは選んだレメディが、自分と合っていない か(種類やポーテンシーや)

それとも

何らかの理由で、自身の治癒力が著しく落ちている方です。
他にいくつも病気を持っておられたり
かなり重症であったり
または、慢性的な症状だったりしても
なかなか効き目を感じにくいことがあるようです。
また、沢山のお薬に頼っておられる方も、治癒力が落ちていたりして
なかなか治療がすすまないことがあって・・・ 辛いですよね。



おっとっと。 話がそれてしまいました💦


【 バーバリス・ブルガリス(バーバリスブイ) 】

どんなハーブなのか、ちょっと面白い本があるので
抜粋して写してみますね。


2017080314390000.jpg


 バーバリスブイはメギ科の植物で
 日本ではセイヨウメギと呼ばれたりします。
 葉の横の3本のトゲが茎の周りを囲っています。
 イエスキリストは処刑の時に茨の冠をかぶせられましたが
 それがこのバーバリスブイだと言われています。

 トゲの多い植物は、肝臓と関係のあることが多く、
 バーバリスブイのマザーチンクチャー(ハーブチンキ)も
 肝臓と腎臓に合います。
 肝臓と腎臓は解毒の臓器です。
 私たちの体内に重金属が入ると、肝臓と腎臓が損傷を受けます。
 重金属は今、身の回りにあふれています。
 マグロの中にも、予防接種の中にも、歯の詰め物の中にも。
 (中略)
 その肝臓と腎臓を活性化させるのがバーバリスブイです。
 バーバリスブイのマザーチンクチャーを摂ることで
 ドロドロした血液がサラサラになっていきます。
 
 血液がドロドロになるということは、結局、肝臓と腎臓で体毒を解毒できなかった
 ということです。
 一方で感情を抑制することでも血液がドロドロになります。
 そうして動脈硬化が起こると、鬱になっていきます。
 血液がドロドロになるということは、未解決な体毒や感情で
 いっぱいなっていることの現れです。
 (中略)

 バーバリスブイは 肝臓、胆嚢の疝痛、腎臓結石などに使います。
 また次のような症状にも。 排尿時の灼熱感、濁った尿、
 尿中に見られる赤い色の沈殿物や砂状のもの、鋭く焼けるような腎臓の痛み、
 腎臓の疼痛(背中を軽く叩いただけでも)と、腎臓の泡立つような感覚、
 立ったり座ったりすることによる腎臓の痛み。
 (中略)
 
 また、腎臓が悪い人は酸欠になりやすく、酸素濃度が低い場所にはいられません。
 (中略)

 バーバリスブイは肝臓や腎臓だけでなく、実は脾臓にも良く
 多くの人に使うことが出来ます。
 脾臓までやられて、慢性疲労症候群になっているような人には
 バーバリスブイは非常に有効であると私の臨床経験から言えます。
 (後略)

 『 ハーブ・マザーチンクチャー』 ホメオパシー出版 由井寅子・著




yjimage.jpg


どうですか^^ ちょっと面白いハーブでしょ~。
できたら全文を写したいところです^^(笑)

感情を抑制すると血液がドロドロになる・・・ なんていうくだりは
さすがのホメオパシーです。
普通~に病院にかかっているだけでは、こんな話は通用しませんね。




バーバリス・ブルガリス
今回は、まめに マザーチンクチャーとレメディの両方を使いました。

石が出来るまで、ある程度の時間を要したのだから・・・
と思い、最初はポーテンシーの低い方から与えて
様子を見ました。

ふ・・・  っと、まめの様子が浮上したように感じて
これは効きそう♡ と感じ
続けて与えました。

その間、飲み水にマザーチンクチャーを数滴入れたのを置いておくと
不思議にも、まめはよく飲みました。
療法食は食べなかったのに・・・ 
やっぱり、今のまめに合うんや! と思いました。

最初は膀胱炎も併発していたので、チンクチャーは
エキネシア(炎症にいい)も数滴入れました。

そうこうしていると、ある日 オシッコがまた詰まったのか
頻繁にトイレに行き、そのうちあちこちでオシッコしようとします。
でも、ほんの2~3滴、オシッコが出るだけで
苦しいのか、ご飯を食べてもすぐに戻します。

きっと、こういう時、
身体は 「出そう!」 と働いているので
入れたものを出してしまうのでしょう・・・ とは私の見解ですが^^;

ポーテンシーの高いレメディも用意していたので
今度はそれを、1時間おきに3度、リピートしてやりました。

すると、それから1時間もしないうちに
また、ふ・・・  と浮上して
その日から、元気になり始めました。

砂状の石が出たのか・・・
溶けたのか・・・
まだはっきりとはわかりませんが
まめの様子は、本当に元気復活しました。

最近は、むぎと二人で運動会も再開、
夜中に大暴れして、朝起きると、そこらじゅうに
まめたちが蹴り落とした残骸が散らばっています。(TT▽TT)

やれやれ
元気が一番ですね。




2017070110490000.jpg


今度また、病院へオシッコを持って行って
検査をしてもらいます。
どんな結果でしょうか。

療法食・・・?

相変わらず
じぇんじぇん、食べません (><)


先日
したたかに 頭を打ちまして~
(物理的にぃ~) 

滅多にないことなんですが
車椅子から転倒・・ っていうか
転落事故   /(* _ω_)\ 


たま~~~~に
やってしまうんですよね。
身体があっちの方向に行こうとしてるのに
車椅子はこっちの方向にスルスル~~っと滑って
・・・・・・ ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ ・・・・・・

あれよあれよという間もなく
落ちてしまうのですね^^;

たいがいは、足首をくじくとか
膝を打つとか・・・
尻もちをつく というような
下から先に、地面に着地する落ち方で

こんな、頭から逆(さか)とんぼりに落ちる って
(「逆とんぼり」って、関西弁?)
久々に、スローモーションムービー
「床がだんだん接近してくる!」 のを
見ました^^;

あれ、不思議ですよね。

どうして、スローモーションなのに
避けられないんでしょうね^^;

「ぶつかる――――――!」 って思いながら
見てました。

まぁ今回は、避けようがない床の接近でしたから
仕方ないのですが
でも もしかしたら、あのとき咄嗟に
少しくらいは、頭をかばったのか 
頭頂部を打つはずが、右側頭部でした。

せめて大難を避けようと
首をひっこめたのでしょうか?(亀か)
憶えてません。

さぞ、目から火花が散ると思いきや
スローモーションを見ていた間に想像したほども痛くなく
思いっきり、ガチーン!
と来たのですが、大丈夫でした。
(どんだけ石頭―――!?) (; ̄ー ̄A

とはいえ
少々の痛みは、もちろんなので
頭をさすりさすり、

「そだ、車椅子から床に降りるなんて、ないことだから
 今のうちに、したかったことをしよう!」 
なんて思いついて
車椅子の足置き台のカバーを外したり(洗濯したかった)
タイヤをちょこっとお掃除したり ・・・

この話を友達にしたら
「アンタ、転んでもタダでは起きないわね~」 
と言われました^^;

そうこうしている時、ふと

そう言えば、「頭をよく打つ人のレメディ」
っていうホメオパシーがうちにあったな~ .゚+.(・∀・)゚+. と。

別に、普段 「頭をよく打つ」 ことはないけれど
打ったのだから、飲んでおこーか^^;
と思い立ち、えっこらしょ!と車椅子に上がって
(これがま~ 若い頃と違って、なっかなか時間がかかるのです)
やっと一息ついたあと 
舐めてみました。

とりわけ、何も感じませんでしたが
一応、強く打ったので、2回リピートして舐めておきました。


2016051316010000.jpg



ではなぜうちに
こんな、「頭をよく打つ人のレメディ」があったのかというと

その「頭をよく打つ人」は、
同時に、肝臓の代謝が悪く、浮腫みも抱え
体内の水分バランスが崩れている人のレメディでもあったのです。

もう、10年以上前から
両足の浮腫みに悩まされていて (><)・゜゜・
浮腫むと痛むし、重いし 痺れるし・・・
でも、腎機能が落ちても、心臓にストレスがあっても
浮腫みは起こるので

とにかく、浮腫みのレメディを買っておいたのです。

レメディのおかげか・・・
それとも、石頭のおかげか^^;
たぶん、両方だとは思うんですが
助かりました。
以後、何の異変もなく 過ごしております♡


あらためて、このレメディの説明を読んで気づいたことは
頭をよく打つ人は、肝臓経が弱っている・・・ とか
なんらかの問題が、肝臓にある・・・ という
そういうことなんですよね。


そんなバナナ!


みたいな話ですが、ね。^^;
たまたま とか 偶然 とか
そう思っていることも 実はその人にとって
「必然」 ということなんですよね。

頭をよく打つ人に
「肝臓に気をつけなさ~い」 と、身体が知らせてくれてる・・・
または、肝臓にかかるストレスを、頭を打つことで
発散してくれている・・・ と、私は考えます。

また、頭は心臓経にもあたる場所なので
私は 「心臓にも気をつけて」
と注意するといいのでは? と思います。

いつかお話したことありましたよね?^^;
小指をしょっちゅう突き指する話。
http://yamanotayori.blog.fc2.com/blog-entry-198.html


あれです。
あれと同じではないかと思うんです。

小指は腎経の指なので、これは腎臓からの毒出しかな?
と思ったのは、このレメディが示すように
いよいよ本当だったことになります。


そういえば、いつからか、小指は打たなくなりました。
それはいいことなのか、それとも小指じゃ追い付かないのか
よくわかりませんが・・・^^;
でも もうダイジョブだということでしょう。


ね~
私がホメオパシーにはまるワケでしょう~?^^;
身体からのメッセージって
なんだか、宇宙からのメッセージのような
神秘的で 真理ではないでしょうか。
(コノヒト、やっぱり頭を強打してるって~?) (〃 ̄ω ̄〃ゞ


ホメオパシーは
「 身体は素晴らしい! 」
を、熟知した療法だと思います。




さて 肝心の ホメオパシー って
では結局、どういう療法? かというと
日本では、「同種療法」 とか 「類似療法」
と言われているそうですが

どういう意味かと言いますと
「よく似た、或いは同じ症状を表すものが、同じ症状の病気を治す」
・・・・・ ん~~~  なんのコト? ですよネ^^;

難しいと思いますが
例えば、風邪の症状って
クシャミ鼻水とか、喉の痛み、悪寒、熱・・・ ですよね。
日本の民間療法では、そんな時
玉子酒を飲んだり、熱い生姜湯を飲んだりしますね^^
健康な人がそれを飲むと、身体が火照ったりして
まるで熱があるような感じになって
それに生姜湯は、喉にキツイです。
でも、それで患者はたくさん汗をかき
風邪を押し出すことができます。

それに比べて、対処療法は
熱が出たら、冷やして熱を下げます。
薬でクシャミ鼻水を止め、咳を止め、
痛みがあれば、痛み止め薬で
抑え込んでしまいます。

症状が一時、出ないようにして
表向きには、治ったかのように見えるのですが
風邪は、体内毒素の大掃除のチャンスを
身体が与えてくれている、身体の優れたワザなので
それを抑え込んでばかりいると
徐々に、毒素が体内の奥深いところに沈殿してゆき
薬の害も溜まって
いつか大きなアクシデントに繋がります。
(これとて、身体が起こす、命の信号です)



2016051315560000.jpg




ホメオパシーは
その人の症状や体質や、心や精神
過去・・・胎児だった頃の記憶に至るまでのメッセージを
同種の性質をもつ原材料(地球上に存在するあらゆる物質)を
希釈によっては、天文学的にまで薄め^^;
毒性を消した上で(毒の情報だけが残ります)
ほんの少ーし 体内に入れることによって
身体本来の、自然治癒力を揺さぶる方法なのです。



ん~~~~~・・・・・

まだまだ、これだけの説明では、ちんぷんかんぷんですよね^^;
私とて、これまで 色々 色々 色々
あれやこれや 試しに試して来たからこそ
はまってしまったのだと思いますが

はてさて、それでもまだ
難しぃ~~~いことや
さぁ~~っぱり解らないこともあって A ̄▽ ̄;)・゜゜・
まだまだ、勉強しないと ですヨ。


動物に使うホメオパシーでは 
本人^^との意思疎通がなかなか難しく
目で見てわかる状態からでしか、レメディを選べず
本当の痛みや悲しみや
不安とか 言いたいこととか
心の状態がわかりづらくて難しいです。
深い信頼関係と、精一杯の想像力で
彼らの痛みのレメディを選ばなくては。

めげずにやります!
タダでは起きないタイプやし。




次回は、出逢いとなったきっかけをご紹介しますネ^^

いらんてか?^^; 

まぁ そう言わんと~ ヾ(・∀・`*)ノ


おつきあいくださいませな~  (*^^)v




ありがとうございます








  おまけにゃ ... φ(..;)
2016.05.29 六十の手習い
ご無沙汰でございます。 A^_^;)

すっかり夏景色でございます。 A ̄▽ ̄;)

皆さま、お元気でお過ごしでしょうか。


2016052414250001.jpg

ピーちゃんは すっかり夏毛になって・・・・
ていうか、去年発症した蚊アレルギーが
今年はまた、ちょっと違う形で出てるんかな~?

去年のように掻きむしったり ハゲてきたり
って、そんなんじゃなく
あちこち痒そうなのと、抜け毛。

ちょうど夏毛に変わる時期と重なり
セーター1枚分くらいは 脱いでる^^; と思われます。
すっきりしてるでしょ^^;

ちょっと気にはなるけど
もともと皮膚の弱い子・・・ (;-ω-)=3
今のところ 見守り中です。




2016052517010001.jpg

ちびーずです^^
でかくなったでしょ~~
もう赤ちゃん違う、子猫やね。

そろそろ「ちびーず」卒業かちら?^^;

年寄り子って やっぱりあれやわ、
もうやりたい放題 やんちゃでやんちゃで  (; ̄ー ̄川

おとーちゃんも私も生傷だらけや^^;


2016052516590002.jpg

とくにおとーちゃん 
甘いから ボロボロでおます。

(叱って嫌われるのが怖いんやて^^;)




この窓辺 どの猫らもみ~んな好き♪

2016052518470000.jpg

ぴーはもちろん^^



150407_072055_20160529170057a23.jpg

カブも好きやった。

こうして写真見てたら、今でもカブがそこにいるみたい。








2016052415290001.jpg


猫たちだけじゃなく
庭のハーブも、どんどん育って 

こないだは、生のカモミールティーを淹れて頂いた。

ほんのり、りんごの香りがやさしくて柔らかい。




花や草木など 植物は、人間と逆に出来ていて
根が口にあたり、花は生殖器にあたる。

頭痛持ちや、歯肉炎や口内炎によくなる人は
根っこにあたる部分を食べ

生殖器や泌尿器に症状のある人は
元気な花を食べると良い と。

花部分を食すことって、ほとんどないけれど
お日さんのエネルギーを一杯浴びた
色あざやかな花を
もっと食生活の中に取り入れて
花のエネルギーを頂けたら・・・



陰陽で言えば、葉や花部分は「陰」のはずだし
私自身の具合から、冷えと関係が深いから
つとめて「陽」のもの・・・ つまり根っこ野菜なんかをね、
摂るよう ずっと心がけて来たんだけど・・・

これで言うと
そうとばかりも言えないかもしれないよね。

たしかに カモミールティーは 心とからだに
優しく沁みていきました。


もっと、シンプルに 
自然のありがたさを観察するって大事かも。





実はわたし
ホメオパシーのお勉強を始めたんです。


2016052415300001.jpg




この齢から始めるには
ほんとはちょっと(かなり^^)遅いのですが・・・
難しいし、途方もなく膨大だし。

それでも始めたくなるくらい 
ホメオパシーって 奥が深~~~いのです。

あまりの素晴らしさ、素敵さに
素通りするわけにはいかなくなって・・・

始めてしまいました。

毎日、本とネットと 首っ引きで^^;
お勉強中です。



また次回 なれそめなど
聞いて下さい。

ご興味ある方^^ ない方も^^ (笑)



※しばらく、皆さんのところへお邪魔できませんが
ごめんなさい~ 






ありがとうございます









まだ1つ、若いとは言うものの

あ~~~~ 
齢言うてしもた~~~~~~

ヽ(;▽;)ノ




長引いていた寒の戻りも終わって
今日は一気に春めきました。

こうなるとまた、花粉症の方は
大変ですよね(><) 
お察しいたします。
花粉もそろそろ、杉花粉からヒノキ科の花粉へ
移行しているらしく・・・
私は杉だわ (´・ω・‘)
私はヒノキ・・・
なんて、あちこちで聞きますが・・・

何に反応しても結局は
身体の大掃除、排毒作用なので
これは身体が起こしてくれていることだった
・・・ と、今年 確信した私です。


春はデトックスの季節^^

冬の間に溜め込んだものが
一気に外へ出ようとするようです。
アクの強いものが、この時期に出てくるのも
排毒のための、自然のはからい。

アク自体は、年中食べると毒になりますが
この時期に食べることは、大切だとか。
アクを身体に取り入れることで
身体がそのアクの毒を出そうとするときに
同時に、体内に溜まった悪いものを
一緒に出すためなんだそうです。

えっらぁ~~~~!!

なんでこう、自然はえらいのでしょー。
身体は素晴らしいのでしょうね~。

そう言えば、春は胃腸炎も多いですよね。
これも、命のために、身体が起こす不調なのですね。

出たがるものは、抑えずに
出したい身体のお手伝いをしています。



先月から始めた足首の屈伸運動とか

ヨガの先生に教わった呼吸法の極意とか^^

ちょっと記しておきますネ♪


 できればあぐらをかいて座ります。

 左足から・・・・  先ずはウォーミングアップということで^^

 右手で左足指全体をつかみ

 根元から ぐ~るぐ~る ゆっくり大きく回していきます。

 足心道では、足指一本一本を回すのですが

 (それも、関節全部、根元から順に^^;)

 これはちょっと大変なので、ここでは、全体をゆっくりと。

 続くことが、まず一番なので、最初はかんたんに始めます^^


yubi-mawasi1.jpg


 足指回しは、右回りが基本なのですが
 私は左回しもします。
 身体を流れるエネルギーの流れが
 右回りだからなのだそうですが
 私の場合、長年右ばかりに回していたら
 足の形が、右向きに変形してきたようなので
 (これは、動かせないせいだと思います^^;)
 それで、この頃は右も左も回すようになりました。


asikubi-mawasi.jpg
 
 ちょっと余談ですが
 足裏に、『 湧泉 (ゆうせん)』 というツボがあります。
 ご存知の方も多いと思いますが
 これは字のごとく、湧き出る泉
 圧せば命の泉湧くツボです。
 朝のスイッチオンや
 おやすみ前に、湧泉のマッサージもいいです。

 湧泉のツボから、足指方向に
 こぶしを作った手で、ゴシゴシとこするように
 30回~50回 さすりあげます。
 こうすると、足裏からポカポカしてきて
 気持ちいいです^^

 かかとの側面や、甲の側面は
 エネルギーの入る場所なので
 ここも、時間のあるときに
 こすったり揉んだりして温めるのもいいです。


yusen-doko.jpg






 足指回しが終わったら、いよいよ足首の屈伸です。

kussin1.jpg

 イラストは、わかりやすいよう
 足だけを描いていますが
 あぐらをかいたまま、(できる人は、少し足を伸ばして)
 足の甲をしっかりつかみ
 反対の手で足首あたりを固定して
 
 ゆ・・・・っくり
 う~~~~~~~ん と
 そり返します。
 この時、同時に ふぅう~~ っと息を吐きます。

 この吐息が、かなりの排毒になります。

 呼吸法は、呼吸だけを行うより
 身体の動きに合わせて行うと
 より効果的なんだそうです。

 ヨガなどされている方は
 とっくにご存知ですよね^^

 そして 元に戻す時に
 すぅう~~~~ っと、吸います。

 身体に、緊張を作るときに 吐く
 緩ませるときに 吸う

 を、覚えておくと、わかりやすいですヨ♪

 
 次に、足裏方向に
 う~~~~~~~~んと 引っ張って下さい。
 やっぱり、吐く息と同時にします。

 赤い矢印が、吐く息
 水色が、吸う息です。

 で、戻す時に吸います。

 これを、1セットとして、10回ほどします。

neko-kussin1.jpg
猫はやわらかいにゃ。




初めての時は、
これまでこんなに動かさない筋や血管や
筋肉を動かしたので
身体がびっくりぽんで、ジンジンするかもしれません。
急に、血液(「気血水」ですが)がめぐりだし
ふくらはぎの ヒラメ筋に溜まっていたものが流れだし
全身にめぐり始めるようです。
何日かすると、鼻がスースー通りだしたりしますヨ^^

出るものも、いっぱい出ます^^;
私なんて、こないだ高熱出ました。
2日ほど、鼻水と熱だけが出て
それだけで終わったので
あらら・・・ デトックスだわ~~ と。

いろんなこと試すので
どうやら身体の反応が早いのです。^^

カブと、このおかげかどうか^^
やっぱり今春、花粉症になりません。

ずっと花粉症で、年中毎日 鼻うがいをしている友達が
「へっへっへ^^ 花粉症はさ~ 
 あれ? 今年出ないかな~~ って思ってても
 出るのよ~~^^」
なんて言われましたが・・・
その時から、
いや・・今年は出そうな感じがしない・・・
と思っていたのでした。

出さなければならない体内毒素が少なくなると
花粉症も起こらなくなる・・・

これは、私の体験に基づいた気づきです。

 そして最後に、足首回しを
 右に10回 左に10回 を2~3回行って
 屈伸運動 おしまいです。


文章にすると、長いですが
やってみると、かんたんで
こんなことで、体調がよくなったり
体質がかわったりするなら
おやすい御用ですもんね^^

ヒラメ筋 ありがとう♡



※花粉症を治すために始めたものではありませんでしたが
 (私の場合は、半端ない足のムクミ解消のためでした) 
 いろんなことが改善しだしたのは事実です^^
 「足は治療器」ともいいますので
 これからも、気長に続けていくつもりです ρ(・ω・。)
 ローマは一日にして成らず ですネ^^
  




今日はまた、お知らせがあります^^

も少ししたら、アップしますだ。 (*^_^*)♪




ありがとうございます









2016.01.16 小指の思いで
去年の晩秋・・・ あたりからでしょうか・・

何かにつけ、右手の小指を、よく突き指します。

そんなに酷い突き指じゃなくて

何かの拍子に、コツン! とどこかに当たり

(><) あいてててて・・・・

ぐらいの、ちょっとしたアクシデントなんですが


160116_133437.jpg
ぬくいテーブルの上でお昼寝にゃ



ほら、一度、舌を噛んでしまうと

また 二度三度 近いうちに噛んでしまうような

あんな感じで、コツンコツンと 度重なっておりました。


舌なら、噛んだ場所が腫れるので、
また続けて噛んでしまっても、おかしくないのですが

小指が腫れたところで、また打つって、どやさ! みたいな。。。


さて、昔から東洋医学だのなんだの 独学とはいえ
けっこうハマって なんやかやしてきた身には
こういうことでも、ちょっと考えてしまうのよね。



160116_133754.jpg
最近、ちょっと太りぎみ・・・



さて小指はというと
腎・膀胱経 及び 婦人科経の指で
小指の先や関節や、押したり揉んだりして
痛みのある人(時)は、腎・膀胱経が弱っていたり
女性では、婦人科経に冷えが溜まっていたりします。

手のひらの腹あたりに、活点があり
指を揉むと痛すぎる時など
この手のひらの腹を揉んだり温めたりして
気を送ることができます。

肘・膝・腰に、支障がある人も、腎・膀胱経です。
関節は、邪気が入りやすいので
(邪気の入り口・・・ のような気がします。^^;)
そんな時は、できるだけ冷やさないように
緩め(血流を妨げないよう)のサポーターなどして下さいね。


・・・・ おっとっと A ̄▽ ̄;)・゜゜・
話がずれました。


160115_152104.jpg
還暦の二人^^;


そう。 小指をしょっちゅう打つ話です。
それも、左は全然なのに 右ばかり。

整体の先生いわく
「身体って、端から切り捨ててくからね。」

え――――――!? Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
そうなん~? 


で、でも・・・ 
・・って どういうことやろ?
この小指を捨てて、何をどないしようとしてるん?

身体に問うても、答えてはくれず。。。

ただ、いつからか、ちょっと無理したり
冷えたりすると、すぐに膀胱炎になる私。
1~2日で、治っていくとはいえ
なんか慢性化? のような
軽~い膀胱炎は、日常的にあって
痛みもないので、ぼちぼちおつきあいしているのですが

そういえば、確かに去年の秋は
夏の疲れがドドっと出て
ちょっと辛めの膀胱炎に再三なった。

ということと
整体の先生の ギクっとする言葉を
併せて感じてみると・・・
(こういうことは、あまり頭で考えず
 身体に感じさせて直感するのがいいので^^)

もしかすると、この 突き指をすることで
もっと、膀胱炎が重症化することを
避けられているのかもしれない。

突き指の衝撃 という痛みを使って
身体は、病の逃げ道を作っている。
気功術とか、東洋医学的な言葉を使うと
突き指を起こすことで
「大きな病を回避している」 ということか。

それが、整体の先生のいう 
「身体は端から切り捨てる」 って言葉になった?

切り捨てているのではなくて
出来るだけ、身体内部の病が軽く済むよう
変わり身の術 (= ̄∇ ̄=)v みたいなことを
やってのけてくれている ということで。

だとしたら

なんて身体はスゴイんだろう。

これは、突き指を恨んじゃいけないよね。

恨むどころか、お礼言わなくちゃ~♡

「身体は小宇宙」
なるほど。 宇宙といえば天。
小さいながら、天の神様のいうとおり~♪
なのだわ。 
きっとそうだわ。

小指を押したり揉んだりして痛むのは 
身体からの連絡。情報。
「腎・膀胱経が傷んでますよ~」 という。



dorayan1.jpg
どらやん 今年もヨロシクだすにゃ




でも、こんなアクシデントはきっと、
身体の奥深いところの
助けなのだわ。


そんなことを想って、ワクワクしていたら
知人からハガキで
「暮れから、原因不明の腹痛で、参っていたところ
 正月早々、漬け物石を足の親指の上に落としてしまい
 散々なお正月になりました。」 と。

なんと、親指は 肺・大腸経なのです。
あまりのタイミングに、コワくなりました。^^;

私の突き指と違い、かなりなケガなので
腹痛が酷いのではと心配です。




これから私は、小指を打つたびに
「ありがと~」 って言ってみよ^^
「あんたはエライ!」って褒めてみよ^^



・・・・・ そして それを実践していたら

膀胱炎には一番辛い、冬だというのに
少しずつ、回数が減って、状態もマシになって来て
といっても、もう長年のことなので
いっぺんに・・ とはいかず、返し縫いをするように
少しずつですが、良い方向へ 向かってくれているのです。

うちは基本^^ 人間も猫も 薬を使わず
だから、滅多に病院へも行かず、自宅治療なんだけど

この、突き指に感謝して、身体を褒める方法も^^
我が家では、NEW治療法になりました。(笑)

お正月、ちょっと無理が続いてしまって
膀胱炎が再発したけど
慌てない 慌てない
まずは休んで、ゆっくり温め
天の神様のいう通り♪ を待ちます。


piano.jpg



不思議なことに
突き指のたんびに お~ よしよし ありがとね~
えらいえらい~治療してたら^^
治癒してくるだけじゃなく
膀胱炎に(腎・膀胱に)いいグッズ とか^^;
いい方法までもが寄ってきてくれ



身体はほんとに
小さな 天の神様 かも。







ランキング参加中
応援ありがとうございます











2015.10.04 悪循環
nez.jpg


ひっさびさに 超~ガンコ鼻づまり!! (><)・゜゜・

8月終りぐらいから
なんか鼻声になり・・・
でも鼻声だけで、他はまったく支障なかったんだけど

9月中頃には
だんだん鼻づまりに移行?進化?^^;して
ついに先月終わりに超強烈な鼻づまり。

子供の頃から、滅多にスッキリ鼻が通っていたことがなく
持病というか、体質というか
中学に上がって初めて副鼻腔炎と診断されて
頬骨に穴をあけて治療してもらったこともあったほど。
  痛かったぁあ~~~~ 。゜(´pω・`)゜。

でも・・・ もちろん根治などせず。

持病とか体質 っていうのは
そういうものだと思い込んでることって
あるよね。^^;

だけど最近、ここまでの鼻づまりは そうなくて
ほんとに久々だったから もぉ~しんどぉて。

あまりに長引く鼻づまりに
なんか大きな病気じゃないかと心配になったり
心配のスパイラルっていうか
心配が不安を呼んで
不安が疑いを呼び
負の連鎖に陥ると
よけい身体は陰性に傾くんだったよね。

自分で書いてたやん!
あかんがな!!



とまぁ そんな悪循環にはまりかけていた
今日このごろ。

こないだの菊芋の記事を 
自分で書いて 自分で読み返し
読み込むうち・・・・

あり?  も・・ もしかして私・・・・・ 
昔々から すごーく 陰性体質やったんちゃう?・・・・・
って。。。。 。。 。 。 。  。  。

5◯歳にして、初めて自分の身体がわかった・・・
・・・・ っていうか
持病とか 体質とか
実はあきらめなくていいのかもしれない・・・ って。

気づきました。

この 「 陰性体質 」 が
子供時代の副鼻腔炎とか頭痛持ちとか・・・
後の大腸がんや神経の痺れも
引き寄せていたんだったら・・・・

今、遅まきながら気づいたことも
あながち遅くはないのかもしれない。


そう気づいて
そう信じてみて


菊芋の効果を知った日から
自分に出来る 「 ちょっぴり陽体質 」 への道を

探り始めました。


またまたぁ~~  ヾ(・∀・`*)ノ
アンタってば 凝り性なんやからぁ~~~



と、私をよく知る方々は お思いかと存じますが^^;

とにかく、 \気づいたら即実践!/ の私。


白米が多かった主食を
とりあえず玄米食に変えていくことに。
(白米や、白砂糖など陰性)

そしてまず
「この苦じい鼻づまりをなんとか手当せねば」
ということで

「 梅醤番茶 」 なるものを飲み始めました。


梅干しを醤油づけにしたものに
お番茶を注いで、熱いところを飲むものですが
これ、マクロビの万能薬とも言われているもので
即効性があり、また持続性もあって
毎日、空腹時 お湯のみに1~2杯飲むのです。

飲んだ翌日から、ガチガチに詰まっていた鼻が
ちょっとずつ、ほんのちょっとずつではありますが
ほどける感じで、楽になってきました。

同時に、足心道(足指~足首関節を右回りにクルクル回す)を始め
ついでに足裏 湧泉のツボと、ふくらはぎのマッサージも始めました。
といっても簡単なもので、両足で10~15分くらいでしょうか・・・・
就寝前と起床時に、ベッドの上で、ちょこちょこ っとやります。

鼻づまりは 大腸経~腎・膀胱経
鼻腔の奥へ行くと、目とつながった辺りになるので
肝胆経までがツボになります。

その場合、軽い鼻炎程度なら 拇指・・・ つまり親指ですね^^
なんですが、副鼻腔炎レベルになると
第四指(手でいう薬指)と 第五指(小指)です。

この指の関節を回す・・・ 
あるいは関節を優しく揉みほぐします。

こうすると、その指に相関する内臓や各器官の
血流がよくなります。

とは言っても、
「副鼻腔炎」も 鼻だけの問題ではなく
全身の調子を崩しているからなることで
どんな症状でも、時間があれば
極力、5本とも行うのがベスト (* ̄▽ ̄*) v



1r.jpg
アラ 猫にだって 足心道は 効くのヨん♡

だそうです。
やったことないけど。。。




湧泉(ゆうせん)のツボのマッサージは・・・
足裏の中央より、少し上。
ちょうど「人」という字のようなシワのところから
足指側に向かって、真っ直ぐに何度も擦ります。

書いて字の如く、押せば命の泉湧くツボです。
とくに、腎経に効果があります。
身体の冷える人や
腰の痛む人、膝の痛む人にもいいツボですよ~^^

女性特有の不調にもね。

少なくとも30回くらい擦ります^^




・・・・ と こんな感じで
二重三重の 手当が効いてきたようで
超~ガンコな鼻づまりも
今日は随分 楽になりました♪



この 「陰性体質だったんじゃぁ・・・?」 
という身体の気づきは
これから先 大切に心にとめて
セルフケアをしていこうと思います。


身体は魂の一番のパートナー なんやて。


心をこめ
声をかけて
大切にしてあげなね v(。・・。) ♡




応援頂き、ありがとうございます。 (ッ_ _)ッ ♡ 


 


にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村


いつも ランキングや拍手に 
ポチを どうもありがとうございます。 (ッ_ _)ッ ♡
こんな ゆる~い更新ですが
とってもとっても 励みになっております。
ありがと~~~ (o^△^o)ノ




  おまけにゃ ... φ(..;)
2015.09.27 菊芋と鳳仙花
まだ

菊芋の季節には、少し早かったんだけど
とーちゃんファームで穫れた菊芋です。

やっぱりちっこいです。 A ̄▽ ̄;)・゜゜・

150923_183340.jpg
菊芋って、生姜みたいやね^^




実は、収穫時期をはっきり知らず
近所の農家のばあちゃんも、菊芋は初めてらしくて
花が咲いていたので 「もう ぼちぼちちゃうか?」 と。

そう言われて、とーちゃん、掘ってみたんだけど
後で調べたら、11月も後半くらいでいいそうな。

( ・・・・ うちの家族はどーしてこぉみんな
 後先考えずに行動に移してしまうんでしょー・・・
 私といい とーちゃんといい ・・・ たぶん息子らといい ・・・ )


さて 菊芋は、
寒さに強いらしく、冬の間中 収穫できるそうで
食べる分ずつ掘ればいいんだって。
(と言っても、北海道なんかのように
地面の凍るところでは無理だけど)


掘ってしまった菊芋・・・ 
小さいだけで、食べれなくはないので
味噌漬けにしてみました。
菊芋自体、ほんの1~2回しか経験がないので。。。

菊芋は、味噌漬けが美味しいらしいネ^^
楽しみです。


この菊芋
今年、春先に友だちから
「畑に植えたら~?^^」 と言って
たくさん種芋を送ってくれたもので

友達も、旦那さまが家庭菜園されていて
菊芋ばっかり、たくさん植えているんだとか。

ただ私、正直、菊芋の効能・・・ っていうものは
あまり知らなかったんです。 お恥ずかしや^^;

今回、とーちゃんが収穫して来て
でもそれが小さかったので、収穫時期など調べたついでに
効能とかぐぐったら、 あ~た、 ヾ( ̄o ̄;)

めっちゃ 優れもんやおまへんか!!

「 天然のインスリン 」 とか呼ばれてるし。

ダイエットにいいのは勿論、糖尿病予防とか
まさに今、糖尿病の只中にいる方にもいいらしく
菊芋に含まれる 「 イヌリン 」 っていう食物繊維が
腸内の善玉菌を育ててくれるらしい。

この イヌリンを含むものに
ニンニクや玉葱などあるけれど
ダントツ、量が違うそーな。

腸内環境が整うなら、私も欲しいーーっ!! p(>w<)q 
みたいな。

またこの菊芋で、育毛用サプリも作られているから
陰に傾いた身体を、
力強く、陽に引っ張ってくれる効果が
あるんじゃないかな? と思う。


なぜなら・・・
白髪や薄毛になる原因の多くは、
身体が陰性に傾いて
求心力を失っている・・・
つまり、髪を掴んでおく力が弱ってる・・・んだとか。


例えば秋になると髪が抜けやすいのは
夏に冷やした身体は、陰性に傾いているせいで・・・
 冷たい飲み物や食べ物、
 クーラーや夏野菜もそう^^;
 ※青汁に氷を入れて飲んでる人は、要々注意ですよ~~

・・・でもね~ そうは言っても
昨今の 猛暑の夏は ・・・
クーラーも冷たい物も必須 (><)
仕方ないよね。。。


なので、この菊芋みたいな
力強い味方を保存食にして
年中 食べられたらな~・・・ 
と今、菊芋や根っこ野菜の保存食を模索中。

乾物とか お茶とか・・・
エキスをとるのもいいよね^^


ちょっこし余談になりますが
陰性に傾いた身体は
痩せすぎや太り過ぎ、両方作るそーですぜ アニキぃ ヽ(゚ω゚=)・゜゜・
(誰がアニキやねんっ)

身体が陰性になると、内臓の動きが鈍くなり
胃腸が弱って消化吸収に支障がでたり・・・
また求心力が落ちるせいで
エネルギーが外側へ向き
ぶくぶくと水太りのような・・・
柔らかいお肉ばかり増えるようです。(えらいこっちゃ)
・・・夏なのに、太った という方は、これも冷えです^^;

身体は(内臓も筋肉も)、あたためてなんぼ。 
だそうですが、
こころだって暖かな方がいいよね~

そーなんです。
陰性に傾くと、心まで病みやすくなります・・・
そうして、心が鬱状態になると、身体はもっと陰に傾きます。


秋。

体調を崩しているかた
なんだか淋しい~ 哀しい~
心が晴れないかた・・・
抜け毛が気になるかたも

陽の気を 毎日少しずつでも
とりいれて下さいね。

ビタミンやカルシウム等
成分ばかりを考えて食事をとらず

中国四〇〇〇年の食養生
食べ物の 「 陰陽 」 も大切に。






150921_110827.jpg

その陰や陽は 
ボクらのカリカリにどないやのん?
アレルギーにも関係あるにゃ?






カブも試しに・・・

moe-.jpg

陰でも陽でも 美味しかったらええワ
とーちゃんかーちゃん 遊びすぎっ
 (●`ε´●)
 




応援頂き、ありがとうございます。 (ッ_ _)ッ ♡ 


 


にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村



↓ 今回、痒みに効いたあれこれをご紹介^^



  おまけにゃ ... φ(..;)
辛かった目の痒みが、最後まで残っていましたが
それもやっと、終わりました。 (*^^)v

今回、クシャミ・鼻水は、わりと早く下火となり
助かりましたが、目の痒みには閉口でした (´pω・`)・゜゜・

去年あたりは、連休中も辛かったので
まぁそれを思うと、今年は早く済んだみたいで
やれやれ・・・ (= ̄。 ̄=)ほ♡


この辺りの花粉の量が減ったのか
はたまた、色々 色々 あれやこれや
相変わらずというか 試した結果なのか
それはわからないんだけどね^^;

ということで
一応、今年試した花粉治療(もちろん我流^^;)
のあれこれを ご紹介しておきますね。




前にもちょっと書きましたが
下着を一枚、薄くてもいいので重ね着する・・・
というのもよかったですが
それでも 「コレだ!」 という手応えからはほど遠く・・・・
でも、ちょっとした抵抗・・・ にはなりますよ^^;

そして、次なるコレは、今年発見!
ツクシを食べたあと、なんとなく症状が和らぎました。
調べてみると、ツクシにも花粉症状を緩和する成分が入ってた。
さりとて、これはね~
ずっと続けるのって、ムリだし・・・
誰にでも出来ないしね。。。
私だって、去年までの街住まいでは
とうてい無理でした。

でね
ふと、気づいたんですよね。
タケノコなどのアクの強いものの調理法に
梅酢を使う・・・ という方法。

どうも春の山菜を食べると
花粉症状が強く出る・・・っていうのか
花粉症状に春のアクは✕ ・・・って
もしかして、あるのかも・・・ (°_°)
と思っていた私は

じゃあ、お腹の中でもアク抜きしたら
いいのでは?
と、思いついたのね。

A ̄◇ ̄;)・゜゜・  なんちゅー直線的な・・・

つまり、梅酢を飲む・・・ って方法です。

A ̄◇ ̄;)・゜゜・  そのままやん。


思いついたが吉日とばかり
果敢にチャレンンジするワタシ。

去年つけた梅干しの梅酢が
沢山とってあります。
それを水で薄めて飲み始めました。

梅といえば昔から
「三毒を消す」 といって
食の毒
水の毒
血の毒。

を綺麗にしてくれる優れもの。


そういえば、私のおばあちゃんが健在のころ
床下に古い古い梅干しを持っていて
「これはな、戦争中に漬けた梅でな
 もう酸っぱいこともな~んもあらへん。
 こんなに黒ぉなってしもたら
 もうこれは、身体にええ~~~薬なんや。
 何にでも効く、万能薬になってるんやで^^
 うちの宝なんやで。」
と言って、一粒私の口に入れてくれたが
おにぎりに入っている梅干しとは
もう全然、違う味だった。

そこまでの梅は、まだ我が家にはないけれど
梅が身体にいいことは理屈じゃなく感じる。
藁をもすがる気持ちで・・・はオーバーだけど
目の痒みはそれくらい辛い。
兎にも角にも、梅酢を飲み始めた。

150423_171455.jpg

ネットで検索してみると、梅もいいけれど
この赤紫蘇がまた、花粉症状にはいいようだ。

一日目、ガブガブ飲む。

すると夜には驚くほどお腹の大掃除が始まった。
ものすごいデトックス効果!

そのせいか・・・
それから一日おいて
突然、花粉症状がピターっと止まった。
目の痒みも、まったくしなくなり
びっくりしてしまった。

そういえば昔、聞いたことあったな~・・・
大腸 腎臓 肝臓などに、老廃物が一杯たまっていても
花粉症になる・・って。

ちょっとした荒療治だったのかも。^^;



ただ、実はこの時、梅酢に加えて
フラワーエッセンスも始めていたのよね・・・ A ̄▽ ̄;)・゜゜・

息子が詳しくて、いつも処方してくれるんだけど


花粉季節の肌に
月見草オイルでクリームを作りだした話をしたら
「月見草のキーワードが出てくるんやったら
 今のお母さんに合うんちゃうかな?」

と言って、
よく診られる人に確認してもらったんだけど
やっぱりエッセンスも月見草がいいと。

150423_171633.jpg

でもこれは、あくまで私向けエッセンスなので
もし、フラワーエッセンスに興味のある人は
ちゃんとお店の人に相談して処方してもらって下さいね。

※フラワーエッセンスとは・・・
 クリスタルボウルの中に自然水を入れ
 その中に、自然に咲く花を浮かべて日光にあて
 水に花のエネルギーを転写させたもので
 それをブランデーなどで希釈して傷まないようにし
 作っています。
 
 薬やサプリメントとは違い、その花の持つ癒し効果で
 心の痛手・・・ 潜在意識も含めて・・・ にアプローチし
 癒してゆきます。
 目に見える・・・身体に病気や症状が出ていても、その原因は様々で
 生活習慣や、物理的なものばかりではなく
 自分自身がまったく気づかないところで
 心や自分という存在が抱える問題が結果を作っていることもあり
 その傷を手放し、解放することで
 表面に出ている、例えば症状や状態を和らげてゆきます。

 とはいえ、フラワーエッセンスの波動は
 ごくごく小さな波動なので
 荒い波動のものに囲まれ暮らしている人(例えばお酒をよく飲む人など)は
 感じにくい(効きにくい)かもしれませんが、これも個人差なので
 続けてみるのもいいと思います。
とくに「アレルギー症状の原因」というのは
心が占める範囲が大きいんだって。



そんなこんなで、梅酢と月見草エッセンス、どちらが良かったのか
未だに解明できておりませんが (; ̄ー ̄A

でも、きっと
こんなアレルギー体質になった・・・ ということは
何か一つのことだけが原因ではなくて
いろんなことが重なりあい、いろんなタイミングが合ってしまって
そうして、出てくるのが病気だったり症状だったり現象だったり・・・
するんだと思うんですよね。


だから、きっと^^ 梅酢もエッセンスも、両方
今の私にいいのでしょうネ。


そしてこれは、たぶん というより
ほとんど絶対に近いのですが
「冷え」 は無視できません。

肌着を一枚、増やすだけで
酷い症状が和らぐのですから
なんとか冷えの改善をしなければ。

そこで、困ったときの温熱灸です。

うちでは、家族に風邪や胃腸炎や
腰痛、頭痛・・・ 等々 etc.
そんなとき、必ずと言っていいほど行うお灸があります。

お灸と言っても、火は使いません。
安全に出来る方法なので
一度お試し下さい。

一番、効果的な温熱灸は、塩灸です。

150428_160844.jpg

岩塩の塊です。

握りこぶしの半分くらいの大きさがいいです。
なければ、普通のお塩でいいですが
食卓塩や、精製塩は、逆に身体によくないので
自然塩・天然塩でして下さい。
できれば、天日干し乾燥で作られた塩がいいです。
その場合は、アルミホイルに塩一握りくらい包みます。

それをタオルハンカチなどで包みます。
(岩塩の塊の場合は、そのままでOK)
うちでは、よく使うので、タオルハンカチを
袋状に縫ってあります。

150428_160948.jpg

これを小さくたたみ、片側に使い捨てカイロを当てます。
貼るカイロでもいいですが、温かいのは貼らないタイプです。
また、貼るカイロは剥がすとき、ハンカチが傷みます。

150428_161117.jpg

このように、輪ゴムでとめて出来上がり^^
カイロが熱くなって、中のお塩が温まってきたら
患部に塩側を当てます。
上からシャツや腹巻等でとめてね。

どこが痛くても、調子悪くても
とりあえず おへそ に当ててみて下さい。
「病は腹からの中医学」(中医学 とは、いわるゆ東洋医学)
と言って、頭痛でも腰痛でも風邪でも
お腹に原因がある と考えるようです。
大腸には、体全身のツボもあるんですヨ (*^^)v


お腹を温めると、随分よくなりますよ。

一日目は、お腹を温め
翌日は、患部を
または、患部に近い、骨のない部分を。
理由は、骨のないところは熱が入りやすいんです。
逆に言うと、邪気も、そんなところから入り込むので
骨の無い部分は、日ごろから大事にしてね。

私が岩塩を使うのは
岩塩の持つ「気」が素晴らしく優しいから。
その上で、塊はエネルギーダウンしにくいから。
普通の天然塩の場合は、繰り返し使えないので
多くとも、2~3回使ったら、新しい塩に変えて下さいね。


そこまで色々やって来て
今年の花粉症状も
かなりよくなり始めていたんだと思います。

そして最後はこれです。

150428_174234.jpg

ペンダントイフの姉妹品  「アレルギー」


こちらでご紹介しようか、ちょっとためらいましたが
でもね、藁をもすがる方に、もしかしたら
一縷の光となるかもしれないですもんね。

私がこの、シビレの病(知覚神経過敏症)になってから
あまりの辛さに、やっぱりあれやこれや
飽くなきジプシーをしていたころに出逢いました。

なんでも試して、自分の身体で納得したい私は
ペンダントイフ、ちょっと高いものでしたが
人間にも、ペットにも、両方使えるというので
思い切って買ってみました。

意気込んで買ってみましたが
効き目はよくわからず・・・・・ (o´д`o)=3
でも考えたら、当時、漢方薬を飲んだり
サプリメントを飲んだり・・・と、波動の強いものを
色々していたから? かもしれません。

このペンダントから、細か~~い波動(振動)が出ていて
その刺激により、自分の中にある治癒力が目覚めて
徐々に徐々に治していく・・・
というものです。


効果は、個人差があり
速く効く人、なかなかの人・・・など 様々なので賛否両論なんですが
私はまず、直感で「!」と思ったら
「信じる」ことから始めることにしているのです^^


私の場合、少々効き目がわかりにくかったので
ペンダントは大事にしまっていました。(高いもんだしネ~^^)

それから何年も経ち、こちらに越して来てから
ピッコがね、一時、ガリガリに痩せて



       piko-d.gif



エサは食べるのですが
水をがぶがぶ飲んで
気がついたら、身体が板のようになって
足も割り箸みたいになってしまって・・・・
ネット検索したら、コワイ病気ばかり!
どうしよ~~~!!? と窮地に陥ったとき
思い出したんです。

そーだ!ペンダントイフがあった!! って。
それで、すぐに付けてやりました。

するとすると、3日もたたないうちに
肉付きがよくなって来て
それからは、身体もどんどん大きくなり
力もついて、跳躍力も驚くほど。
まるで、体質も変わってしまったんです。



人間は、細胞も多く、複雑~~な創りで
その上、「心」があまりに難しく
せっかく治癒力が降りて来ても
なかなか思うように回復してくれませんが・・・
動物は、さすがです。

・・・ということは!
やっぱりこのペンダント
すごいものだったんですね。 \(= ̄∇ ̄=)/


でね、花粉や、アレルギー用のものも出ているので
ためしてみよう!! と 再チャレンジです。

どうやら効いているみたい!
目の痒みが消えました。
本当に嬉しいです♡♡♡



まだ花粉の季節は続いていますし
このまま、ピターっと治まるのかどうか
神のみぞ知る・・・ (=^^=)・゜゜・ 
でしょうが。。。
あいだ、何日かだけでも、こんな嬉しい日が貰えて
やっぱり幸せです。

健康 って、ありがたいですね。

花粉症だけで、こんなに思うんですもんね。

いえいえ (( ̄_ ̄ )(  ̄_ ̄))
花粉症 侮るなかれ! 
これは辛い苦しい症状です。

この中の一つでも、花粉の症状に苦しい方のお役にたてれば
とっても幸いです。





     131022_125810.jpg

「 にゃにはともあれ よかったよかった 」



  おまけにゃ ... φ(..;)